ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

僕らは町の探検家 昆虫観察

 梅雨とはいえ7月に入り夏らしい季節になってきました。そこで今回の活動は夏に見られる昆虫を見に行くため、荒川自然公園に行く事にしました。
 午前9時に小竹向原駅に集合。今回の活動から9月入隊可能な年長さんたちが見学として加わり、保護者の方々も加えると総勢40人以上という大所帯となりました。
 朝のセレモニーの前に見学者の皆さんがスカウトたちに自己紹介。お互いに緊張しているようでした。でも朝のセレモニーを行い今日の組み分けをする頃には緊張の中にも新しい仲間を迎える雰囲気が出来上がっていました。
 9時半小竹向原駅を出発し、東池袋へ。東池袋からは都内唯一の都電荒川線に乗り換え、本日の目的地荒川2丁目を目指しました。ご存知のように都電は1両編成なので全員乗れるか心配でしたが、運転手さんや乗客の皆さんの好意により全員同じ電車に乗車することが出来ました。
 スカウトたちは普段都電に乗る機会は少ないので、車窓に釘付けになっていたり、道路を走るときには隣の車を珍しそうに眺めていたり各々荒川線を満喫しているようでした。
IMGP2062.jpg

 ゆらりゆられて約40分、荒川2丁目駅に到着。この駅のすぐ横が荒川自然公園なので、あっという間に目的地に到着しました。
 公園内でまずは「カブトムシ」の観察。あちらこちらで動いているカブトムシにスカウトたちは絶叫。飼育箱のカブトムシをじっと見ていたり、餌から離れないカブトムシを誰かと同じようだといったり、カブトムシに対していろいろ感じているようでした。
IMGP2067.jpg  IMGP2065.jpg 

 続いて本日のメイン「オオムラサキ」を見に行きました。入り口で各自ルーペを借りて入場。普段は騒がしいスカウトたちですが、蝶の神秘に触れたのか観察に夢中のようです。あちらこちらで「綺麗」や「あそこで飛んでいるよ」など目をきらきらさせながら飼育室の中をあちこち熱心に動き回っております。それを見たリーダーは「みんな昆虫が好きなんだな」と思いました。
IMGP2069.jpg  IMGP2072.jpg

 「オオムラサキ」の観察も終わり少し公園内を探検しました。公園内には池があり大きな鯉やカエル、トンボを見たりしました.。
その後は、お待ちかね昼食の時間です。本日の組ごとにシートを敷いて先ほど見た昆虫たちの話をしながら楽しくおにぎりを食べました。
IMGP2074.jpg

昼食の後はアスレチック場で身体を動かしました。午前中とはうって変わって場内の遊具を体験し、楽しいひと時を過ごしました。
予定の1時半になったので、まだ遊びたそうなスカウトたちを集め帰路に着きました。帰りの都電の中でも、今日の活動の事を楽しそうに仲間たちで話していました。
3時少し前に小竹向原到着。終わりのセレモニーをして解散しました。

PageTop