ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

夏キャンプだよ!全員集合!

今回のキャンプは、くまにとって最後のキャンプでした。
それに、K姉弟のお別れでもありました。 ←※お引越しのため
一日目の最初のころは、きりがかかっていたけど、だんだん晴れてきました。
白根山にはバスで行って、少しだけ歩いてエメラルドグリーンの湯釜を見ました。
とてもきれいでした。
              RIMG0037.jpg

それと、湯畑にいきました。
匂いは、おばあちゃんと行った箱根の大わく谷と同じでした。
手湯につかって見たら思っていたより熱くてびっくりしました。
               画像 008 
               画像 009
湯畑の近くでお風呂屋さんをさがしたりお祭りで、食べ物を買ったりしました。
二日目はハイキングに行きました。
崖が左右にあって落ちないか心配でした。
岩があったり、細い道などありました。
キャンプファイヤーは、出しものや歌を歌ったりして楽しかったです。
出しものは、「温泉」がテーマで、どの組もちがった内容で、それぞれ工夫していてすごかったです。
                IMGP2173.jpg
三日目の閉村式でK姉弟のお別れ会で悲しくて泣いてしまいました。
工作やササ船を作ったりしました。
ササ船は、かん単に出来てびっくりしました。
                IMGP2205.jpg
おみやげを買うときは、バスに乗る時間ギリギリで買って、もう少し時間があればいいのが買えたのにと思いました。
カブ隊最後のキャンプだったけどいつものキャンプより何かちがって楽しかったです。

                                      4組次長 N・N

今年度、隊長に任命され、9月にたてた目標。
「一年後の夏キャンプで感動的なキャンプファイヤーをする。」
右も左もわからず、ただ必死にこなした秋キャンプ。
団行事のため、甘えてばかりだったスキー訓練合宿。
みんなに助けられなんとかできた春キャンプ。
そしてとうとう夏キャンプ!スカウト達と一緒にどれだけ成長できたか、スカウトの思い、私の思いはどこまで通じあっているのかなぁ。

1日目。草津温泉へ。白根山「湯釜」はまさにエメラルドグリーン!絵日記に「エメラルドグレー」と書いたスカウトがいて「何色???」かなりつぼでした。
夜は花火。なんと花火をしたことがないスカウトもいてびっくり!!これは恒例にしないと。画像 035画像 029


2日目。天狗山しゃくなげコースから殺生河原へハイキング。
前日に熊の子(動物だよ!)が崖に落ち、それを助けようとした親熊もガス中毒で死んでしまったと地元の方の話。ゾーっとしながらも死体は見かけることなく無事にハイキング終了。                           IMGP2106.jpg
               IMGP2118.jpg
               IMGP2136.jpg



そして夜。いよいよキャンプファイヤー。大いに盛り上がり、最後の曲「ビリーブ」 
しーんとなった瞬間、すすり泣きの声。夜話。


くまスカウトのみなさんは、今回のキャンプがカブ隊として最後のキャンプです。
しか、うさぎスカウトは次のステップに進みます。
スカウト活動は、楽しいことばかりではありません。つまらなかったりつらかったりすることもたくさんあります。
私たちリーダーは、あなた達が素敵な大人になるまでスカウト活動を通して 見守っていきたいと思っています。
次のステップに進むあなた達にこの言葉を送ります。

今こそ出発点  
人生とは毎日が訓練である 
わたくし自身の訓練の場である
失敗もできる訓練の場である 
生きているを喜ぶ訓練の場である 
今この幸せを喜ぶこともなく いつどこで幸せになれるか 
この喜びをもとに全力ですすめよう 
わたくし自身の将来は 今この瞬間ここにある 
今ここで頑張らずにいつがんばる  
 (京都大仙院 尾関宗園)
                 
                RIMG0043.jpg
3日目閉村式。この日が最後、名古屋へお引越しが決まっている二人のスカウトとのお別れ。また号泣。
とても感動的な夏キャンプでした。
一年間頑張ってよかったね。本当によかった。来期も頑張ろう。
また、お世話になります!!
                RIMG0036.jpg


                                               カブ隊長

PageTop