ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

カブラリー

カブラリー 目指せ! カブの星 ~ ロードオブ・ザ・オリンポス!

4月 20日、今日は練馬区のカブ隊が勢ぞろいしてカブラリーが行なわれました。今回のカブラリーは光が丘公園の芝生広場で開催されました。テーマは『目指せ!カブの星 ~ ロードオブ・ザ・オリンポス!』です。

まずはカブ隊のスカウト全員で大きな輪を作り、開会セレモニーです。カブコール、国旗儀礼、連盟歌歌唱と続いて中田地区委員長と山田副コミッショナーのお話を聞きました。体操が終わるとチーム分けです。チームはゼウス、アテネ、ポセイドンなど12チームあります。5団の1組5名はヘルメスチームで1団の3名と一緒のチームになりました。引率者は7団のリーダーです。このようにカブラリーでは他の団のスカウトやリーダーと一緒に行動を共にして親交を深めることができます。

ヘルメスチームは1団のくまスカウトがキャプテンになり5団のくまスカウトが副キャプテンになりました。この二人のリーダーを中心にメンバー8名で合計6つのポイントラリーに挑みました。まずは、月(ムーン)のラリーです。ここでは宇宙に落ちているゴミを拾います。スカウトは渡されたロープを自分に結びつけます。ここで結び方の指定があり、例えばうさぎスカウトは本結びで結ばなければなりません。その後ゴーグルをしてロープの自分に結んでない方の端をリーダーに持ってもらい、宇宙遊泳をして10mほど先にある宇宙のゴミをトングで拾い戻ってきて、次のスカウトにバトンタッチして最後のスカウトが終わるまでのタイムを競います。今回の対戦相手はベガチームです。ベガチームの半分は5団の他の組のメンバーです。いつもは一緒に活動するメンバーですが、今回は負けられません。ゲームも応援もお互い頑張りましたが、今回はヘルメスチームの勝ちとなりました。よかったね。

その他、的の棒に輪っかを入れる土星(サタン)のラリーやなすを助けるゲームで、二人ひと組でお盆に水の入ったコップを運び、バケツに水を入れた後になすとじゃんけんして勝ったらお腹合わせに負けたら背中合わせに風船を運んで戻ってくる金星(ビーナス)のラリーなど、様々なタイプのラリーがありました。
我が5団のリーダーが開催する木星(ジュピター)のラリーもありました。フライバイで飛んで木星の中に入り、書かれた星の名前から明るさ上位20個の星の名前を見つけて戻って報告する、というゲームでした。書かれた星の中にはNGワードもあり、これを報告すると減点になります。「シリウス!」、「ベガ!」、「スピカ!」と続きましたが、中には「梅ぼし!」と報告するスカウトもいました。

チームで食べる昼食をはさんで6つのラリーを行った後は、全チームが集まり全体ゲームが行われました。ネッチで目隠しをしたスカウトが縦に一列に並び、唯一目隠しをしていないナビ担当のスカウトが列に寄り添い、進む方向を説明しながら自分のチームの引率者が立っている所まで連れて行き戻ってくるという早さを競うゲームでした。ヘルメスチームは残念ながら予選でも敗者復活戦でも負けてしまいました。

その後一日のラリーの成績発表が行われました。ヘルメスは7位です。みんながんばったね!その後はまたスカウト全員で大きな輪になり閉会セレモニーが行われました。今日は練馬区の他の団のスカウトと交流ができて、充実した活動になりました。

     1組DL A. S.

うちのチームは10位までに入っているとは思わなくて7位になれてうれしかった。水をこぼさないようにするのとか、水星のかぎ(スーパーボール)をさがすのがおもしろかった。たくさんの友達に会えてよかった。                しか T. I.

土星の輪投げで、60対70で勝った事が嬉しかった。金星の水と風船を二人で運ぶゲームが楽しかった。他の団の仲間と会えたことが嬉しかった。
     うさぎ I. K.

最後のカブラリーで雨も降らず楽しく出来たので嬉しかったです。順位がラッキー7の7位だったことが嬉しかったです。幼稚園の時の友達と学校が違ってその友達と同じチームだったことが嬉しかったです。
     くま K. M.

練馬区内のカブスカウト達が集まっての活動でしたが、数ある団の中でも5団は、人数が多く、活気のある団なんだなと思いました。星をテーマにした、6競技すべてが工夫が凝らされていて、素晴らしかったです。スカウト達が一生懸命競技し、応援したりする姿がみれてよかったです。            
     しか保護者  S. O.

PageTop