ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

地区の行事に参加するぞ! さくら祭り

 今回のカブ隊の活動は、地区の行事である「さくら祭り」に参加し、来場者にロープワークを教えるという大変重要な活動です。
 そもそも「さくら祭り」は地域の防災を考える祭でもあり、会場の小竹小学校には、起震車や火事の際の煙体験ブースや消化体験コーナー、防災の短歌を作るコーナーなど盛りだくさんで、その中でカブ隊も災害時に覚えておくと便利な「ほんむすび」と「もやいむすび」を来場者に指導しなければなりません。
 午前8時にやくも公園に集合しセレモニーの後、来場者に配るロープ作りから始めました。意地悪な隊長が用意した用意したロープの長さは各組12メートルで、これを1人に配る長さ2メートルに切断しなければなりません。最初半分に切って6メートル。そこからが問題です。どうやって2メートルに切るか?各組悪戦苦闘です。組長の持っているロープ(4メートル)を半分にして作る組や一生懸命3分の1にする組など、各組創意工夫してロープを作成していました。
IMGP0617.jpg

 その後は復習も兼ねてロープワークの練習です。「ほんむすび」に関してはスカウト全員目をつむったり背中で結ぶなど覚えておりましたが、「もやいむすび」に関しては、自分の体に巻きつけてはできるのですが、ロープのみで結ぶのには「くま」スカウトが一生懸命教えておりました。
IMGP0619.jpg

 9時過ぎに小竹小学校に移動。まだ少し早かったので、校庭の遊具でおにごっごなどをして過ごし、いよいよ「さくら祭り」の開催です。今回は最初に重機を使用しての人命救助の実演があり、普段見慣れない重機の動きにスカウト達は目を輝かせておりました。続いてロープワークの実演指導。来場者一人ひとりに丁寧に結び方を指導しておりました。今日の昼食は炊き出しのカレーです。外で食べるカレーはまた格別でした。
IMGP0633.jpg
 さくら祭り終了後にはやくも公園に引き返し、4月20日に開催予定の「カブラリー」準備のため、「ライオンキング」と「カブスカウトだ」の歌を練習し、午後2時解散となりました。
 次回の活動は、みんなが楽しみにしている「春キャンプ」です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する