ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

2月3日 B―P(ベーデン・パウエル)祭と追跡ハイク

B―P(ベーデン・パウエル)祭と追跡ハイク

2月22日はボーイスカウト創始者であるべーデン・パウエルの誕生日。
という訳で、今日は午前にB-Pやボーイスカウトの歴史について調査と発表、午後は公園に移動して追跡ハイクです。

まずは、集会所にて組毎にテーマを決めて、調べたことをまとめて発表します。
くまスカウトを中心に、皆で意見を出し合って話し合いながら進めていきます。
IMGP1044.jpg IMGP1042.jpg IMGP1036.jpg


出来あがったものは、歴史の年表あり、新聞風あり、クイズあり…。短時間にもかかわらず、どの組もとても良くまとまっていました。
また、発表の際も、分担したり、まとめた模造紙がみんなからよく見えるようにお互い注意しあったり等、協力して分かり易く発表しようという様子が伺えました。
目覚ましい成長ぶりですね!!
IMGP1080.jpg IMGP1083.jpg IMGP1082.jpg

IMGP1098.jpg IMGP1084.jpg IMGP1073.jpg

IMGP1100.jpg IMGP1106.jpg

その後、午後の追跡ハイクのためのサインの勉強、そしてハイクに使う暗号文を作りました。
お題は「ことわざ」。それぞれ工夫して個性的な暗号文が出来上がりました。
みんな、解けるでしょうか??
昼食を済ませ、いざ、江古田の森公園へ。
公園では、日も差してきて、半袖のスカウトもチラホラ。
早速、組毎に分かれて、午前に勉強したサインを思い出しながらコース作り。
コース途中に、小枝や小石などを集めてサインを作り、他の組のサインと混同しないように、組の旗を刺して表示します。
そしてコースの最後に暗号文を置き、その暗号を解けばゴール!です。
IMGP1114.jpg IMGP1117.jpg

全組、コースを作り終え、追跡ハイクのスタートです。
落ち葉や枝の影に隠れてしまって、なかなか次のサインが探せなかったり、歩いていくうちに、微妙にコースがずれてしまったり…。
最後の暗号文まで辿りついても、暗号がなかなか解けず、次のコースへ進めない…。
悪戦苦闘しながら、全6コース、最終ゴールを目指します。
あちこちから、「あったよ~」「ここだよ!」「え~。ないよ…」などなどの声が響いてきます。
IMGP1146.jpg IMGP1134.jpg IMGP1157.jpg

すべての組がなんとか全部のコースを終えて、戻ってきました。
コース作りに使った旗はきちんと回収、小枝などで作ったサインも元どおりに戻します。
「残していいのは、思い出だけ」ですね!
最後に答えあわせ。
リーダーの暗号文の微妙な(!?)ことわざにひっかかった組もあったようでしたが、ほぼ全問正解できていたでしょうか。
IMGP1159.jpg


広い園内を歩き周り、やや疲れもみえたスカウト達でしたが、しばし休息をとって元気回復。
解散場所の江古田北口公園まで元気に歩いて帰ってきました。
そして、チャレンジ賞の発表。今日はチャレンジ賞獲得者がとても大勢いて、スカウト達の励みになったようです。
次回はいよいよナイトハイクです。
2組 デンリーダ


2月3日の活動は、BP祭を午前に、追跡ハイクを午後にやりました。
BP祭では、ベーデンパウエルのことを調べて、もぞう紙にまとめました。年表を作った組があったり、新聞を作った組などもありました。他の組の発表が聞けて楽しかったです。
午後の追跡ハイクでは、答がことわざになるようにクイズを作り、そこに矢印などの追跡サインでゆうどうして問題を解きました。次の追跡サインが遠かったり、クイズの紙が見つからなかったり、うちの組もてまどりましたが、追跡サインが見つかったり、クイズが解けるとスカッとして気持ちよかったです。
2組 組長 R.I

PageTop