ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

ことみ隊長のひとりごと

あけまして おめでとうございます!
今年も楽しく活動していけるよう 頑張ります。

今日は、ふくらはぎが 激筋肉痛。
昨日まで スキー訓練キャンプに行っていました。

スキーについては、後日アップされると思います。

さて、
昨年11月に練馬地区のリーダー勉強会があり、そのテーマが「キャンプファイヤー」
私の大好きな分野でもあり、とっても楽しみにしていました。

キャンプファイヤーは、ほぼ見よう見まね・・地区円卓で教えていただいたり、隊長ハンドブックやキャンプについての本を読んでみたり。他の隊の某隊長に手伝って頂いたりしてなんとかやってきたけれど、その中の「スタンツ」については なんとなくみんなが楽しく盛り上がればいいなあ。くらいの考えでした。

勉強会での副コミッショナーのお話は目からうろこ。

スタンツとは・・・
・演出効果を高める(キャンプファイヤーの)ための寸劇。
・自分たちで演出を考え、演じることにより組の一体感をうむ。
・ミュージカル調、手作りの踊り、パントマイム、簡単な替え歌など。

ポイントは、
・全員が役を持つこと。
・ポイントの台詞を決めれば、あとはアドリブでよい。
・具体的なテーマを決めてあげる。
・歯切れの良い展開にするように(グダグダにならない)起承転結をつける。←オチ
・ふりを 大きくする。

ふむふむ。お話を聞きながら
「スカウトには、テーマしか与えてこなかったのに よくあれだけのスタンツができたなぁ。すごいな。子供たち。」と、逆に感心してしまいました。

教えて頂いたからには、伝えないとっっ。

次の活動、クリスマス準備で これをわかりやすく教えられるよう準備をして活動に行きました。
私と副長3名で デモンストレーションをしたのですが、直前に伝えたにも関わらず副長たちの役者ぶりにはとても感動しました。
スカウト大爆笑!  つかみはOK(笑)

なんとなくでも 伝わったかな?

そしてそして・・クリスマス礼拝の当日は 午前中に礼拝があり、ボーイ隊による聖劇が行われました。
昨年までカブ隊にいたスカウトが とっても立派に聖書を読み上げ、台詞を言う姿を見て 思わず涙。

さぁ、お楽しみ会でカブ隊の出番です!
どうだったでしょうか?!
その後の、アクションソング、手話ソングは みんなの姿を見て、たくさんたくさん涙が出てきました。

「隊長ー。なんで泣いてたのぉ~。」
「あたしたちのこと 見てないてたでしょ~。」だって。
あなたたちがかわいいからに 決まっているでしょう。


昨日のスキーキャンプで、あるスカウトと一緒にリフトに乗った時のこと。
高い所でリフトが止まり、私が
「リフトが止まった時の この揺れが怖いんだよね」と言うと、
「隊長、目をつぶると 空飛べるんだよ」
「え~・・(汗)怖いし。やだよ。絶対 目 開けてるし」
「あのね、ブランコで いっちばん高くまで立ちこぎして 目、つぶると ピーターパンになれるんだよ。ピーターパンになって空、飛べるんだよ。」
って。なんてかわいいんでしょう。

スキーでは、雪に埋められたり、首の中にまで雪を入れられたり ムチャクチャされることもあったけど、それはそれ(笑)

11月から続けてきたボーイ隊との合同活動もこのスキーキャンプでより内容の濃いものとなりました。
スキーキャンプも無事終わり、次はボーイ隊合同ハイキング。

これからも、充実した活動を送れますように。

*今日は、諸事情により少々寝不足。文章のつじつまが合ってないかも・・ごめんなさ~い。

PageTop