ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

さよならパーティー

 早いもので、昨年の9月から始まった今年度の活動も今回で最終となりました。今年もいろんなことをして楽しく遊んだと思っております。今年度最後の活動は、みんなでお別れパーティーをすることにしました。
 午前9時にガブリエル教会に集合。あれっ…隊長は? 深いことは考えずに今日の会場である旭丘集会所へと移動します。朝早いのに夏の日差しはパワー満タンに降り注いできます。
 歩くことおよそ10分で到着し、集会所内で朝のセレモニーを行いました。セレモニーの後、会場設営をみんなで行い工作を作ることにしました。今回は牛乳パックを使った「竹トンボ」を作ることにしました。作成は簡単なのですが初めて作るため、まずは練習機を作りました。牛乳パックを展開し、側面1枚を半分に切り分け、切り分けた用紙を半分に折り、あらかじめリーダーに先を半分に切っていただいたストローに差し込み、そこをテープで巻きつけたら完成です。両手のなかでストローを回すと、自然に牛乳パックで作ったプロペラが開き、地上に向かってゆっくり降下していきます。基本はここまでですが、みんなで練習機のカスタマイズを始めて、翅の先端を丸くカットしたり、翅に角度をつけたりとオリジナルあふれる竹トンボを作成していました。

DSCN0800.jpg  DSCN0801.jpg

 飛ばすことにも慣れてきたので、いよいよ本番機の作成です。今度は羽の部分にそれぞれ色を塗って、回った時きれいに見せるようにしました。着色には皆それぞれ強い思い入れがあるみたいで、みんな真剣な表情で羽部分と向き合っております。1人2人と出来上がったようで、各々テスト飛行を繰り返しております。
全員が出来上がりテスト飛行を終えたところで、競技に入りました。内容は少し離れたところに椅子を置き、そこに直陸させるというものです。うまく着陸できた場合にはお菓子の神様からアメがもらえるという特典をつけたところ、スカウトたちの表情が一変し、気合いが入ったようでした。最初はなかなかうまく着陸出来ませんでしたが、そこはスカウト。あっという間に全員クリアとなりました。

DSCN0802.jpg  DSCN0803.jpg

 次の工作は「うちわ作り」です。牛乳パックを丸く切り色を塗って重ねると完成です。これからまだまだ暑い日が続くと思われるので、今後の活動に持っているといいかなと考えました。2枚とも夏らしい絵を描いて、それを張り合わせて出来上がりです。水性ペンで書いたのですが、みんな指先までカラフルになっておりました。
 工作も終わり、部屋を片付けて昼食としました。いつも外での昼食ばかりなので、テーブルで食べるおにぎりがなんか不自然のように感じられました。

DSCN0804.jpg  DSCN0805.jpg

 昼食の後は、お待ちかねさよならパーティです。1年間の活動で今日だけという豪華なおやつを囲みながら、今年度の活動を振り返ります。スカウトもリーダーもみんなで活動を振り返り楽しいひと時を過ごしました。
 その後、カブに上進するスカウトとリーダーに記念品を渡し、木の葉章、小枝章を授与し、最後のセレモニーをして午後2時に解散としました。
 今年1年間もたくさん思い出に残るような活動を心がけておりました。天候などの理由により多少思い通りにならないこともありましたが、楽しい活動であったと思います。来年度は今まで以上にパワーアップしてよりよい活動をしたいとリーダー一同思っておりますので、この活動に興味のある方々もぜひ一度ご参加くださいますようよろしくお願いします。
 また、リーダーを始め関係者の方々ありがとうございました。

PageTop