ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

【カブ隊】イースター

4月8日  カブ隊活動 第16回 イースター

イースター看板

ことみ隊長からの一言

1年に1度のイースター。
イエス・キリスト様が復活した日をお祝いする
教会にとっては、クリスマスと同じくらい大切な礼拝の日。

私が、この礼拝で一番重要だと思っている事... そう、懺悔の時間です。
イースターの前日、この一年を振り返り、あれも・・・これも・・・
あっ、っこれもあれも・・・
(いったいいくつあるんだっっ。って自分で突っ込んでみたりして。)
と、この際だからとキリスト様に許してもらおう。
なんて、虫のいい話ですよね。

スカウトにとって、2時間近く聖書を読んだり、聖歌を歌ったりの時間は
これも1年に1度、忍耐をつける良い活動かと思います。
しかし、聖歌を歌う元気なスカウトの声。
おいおい、音程もリズムも全くあってないぞ。
そうか、原曲を知らないからなーー。
まあ、大きな声で歌っているから許して下さい。キリスト様。
来年も同じように懺悔をしている私がいるのかしら・・・。

イースターの礼拝が終り、公園に場所を移し、イースターエッグを探せ!!です。
ここで今回最大の反省点。

桜の八雲公園  団員長 

公園には私達より先に3~4名の小学生の子達が遊んでいました。
私を含め、リーダー4名ほどで公園の木やら遊具に
イースターエッグをつけていきます。
途中、小学生の子達に「何をしてるの?」と声をかけられました。
イースターというのは何か、どうして卵なのかを簡単に説明をしたら、
「へー、だから卵を隠すんだ。
で、それを探すんだ!」と興味を持った様子でした。
人数分しか準備をしていなかった私は、
「ごめんね。今日はボーイスカウトでの行事だから・・・」
その子供達を仲間に入れてあげられず、断ってしまいました。

イースターエッグ2 イースターエッグ


その日の活動が終わり、家に帰っても何だか胸の中がモヤモヤして・・・。
あれでよかったのか、3つくらいならリーダーの分や
欠席のスカウトの分で
一緒にできたかもしれない。

後日、ちょっとしたきっかけがあり、
中島副長と畑野DLと3人で
このことについてメールしました。

「ブランコにポツンと1人で淋しそうにいた女の子に声をかけてあげたかったんだけど、
なかなかそこまで気が回らなかった。」

「公園は、私達のものではないのに大人数で占領してしまった形になってしまい、
周りの子達は迷惑だったかな・・・」と。

私と同じ様な事を思っていたリーダーがいたんだ。
ただでさえ、5団はマンモス団。
良くも悪くも目立ちます。
これからは、地域、近所の子供達も巻き込んで遊べるようなカブ隊でいたい。
リーダーにもそんな余裕ができたら、
もっともーーっと楽しい活動ができるかもしれない。

『スカウトもリーダーも楽しめる活動を。』改め、
『スカウトもリーダーも周りの人もみんな楽しめる活動を。』

今回の事はとても良い勉強になったと思いました。
イエス様、これも気付きを与えられたということでしょうか?!

アーメン。

お知らせ

今回、新しいスカウトが入隊しました。
うれしいですね。
みんなよろしくお願いします

イースターの日は桜が美しく見える晴天でした、
死んだイエスキリストが3日目に復活したことを記念する日
大地も喜んでいるようでした

カブ隊で作ったイースターエッグ
教会からいただいたイースターエッグ、
どれもとてもすてきでしたが
写真がありません。ごめんなさい
来年はたくさんのたまごを写真に撮りましょうね

入隊

PageTop