ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

【カブ隊】ベンチャー隊合同ハイキング ~奥多摩へ~ 

1月29日  カブ隊活動第11回

今日はベンチャー隊と合同で奥多摩湖をめざします。
ベンチャー隊との合同活動は初めて。
みんな、どきどきワクワクです。
ベンチャー隊からは I 隊長、M副長、M隊員3名が参加
いつも5団全体のセレモニーで指揮をする I 隊長
スカウトにとってI隊長は怖い人?偉い人?かっこいい?
M副長は優しくかわいいのでスカウトが話しかけやすいお姉さん。
M隊員は一躍子供たちの人気者に…
(遊んであげているのか、遊ばれているのか?)

ベンチャー

朝7時半小竹向原駅集合。
小竹向原→所沢 ( 西武池袋線 ) 所沢→小平 ( 西武新宿線 ) 
小平→拝島 ( 西武拝島線 ) 拝島→奥多摩  ( JR青梅線 )

奥多摩駅から奥多摩湖(小河内貯水池)への約10キロのコースを
「むかし道」と呼ばれる山道を歩きます。
奥多摩駅到着
関東の駅100選に選ばれている美しい駅舎です。

駅舎 

眠気をふっとばす冷たい空気
セメントの原料になる石灰石が多くとられた地域なので、セメント工場が
残っていますというお話

奥多摩湖駅① 奥多摩湖②

さすがベンチャー隊、駅を出るなり、走るぞ~というI隊長の声。
「えーっ」と言いながら、どこまで走るのだろうと
どきどきしながら、むかし道入口まで(よかった)走りました。

入り口

残雪が美しい山道を歩いていきます。

雪道です 雪道

小河内ダムを造るために鉄道が敷かれ、今でもその姿が残っています。
トンネル内の線路もまだそのままです。

線路 トンネル内線路jpg



スカウトからの一言   

おくたまむかし道にハイキングに行きました。
今回はベンチャー隊も3人参加しました。
小竹向原から乗りかえをくりかえし、2時間くらいかかっておくたま駅につきました。

むかしみちは、おじぞう様がたくさんある坂道でした。
と中でとてもゆれるつり橋を通りました。
下は川で50メートルくらいありました。

つりばし① つり橋②

暗くて長いトンネルも通りました。
ヘッドランプやかい中電とうなしではまっ暗です。

トンネル

トンネルをぬけると、とても明るくてきれいなダムが見えました。

①ダム ②ダム

ダムのしりようかんに行き、ダムのもけいを見ました。
とても気に入ったので、ずっとそこにいました。
帰りにスタンプをもらい、うれしかったです。

展示室3組 ①展示室

帰りの電車ではねむくて少しねましたが、また起きて友だちと楽しくしゃべりました。

おつかれ

楽しかったので、こんどは家ぞくで行きたいです。  ( しか りょう )

1月29日にベンチャー隊と合同で奥多摩にある山奥の人工湖、
奥多摩湖に行きました
西武線と中央線を乗り継いで2時間ほどで奥多摩湖に着きました。
走って奥多摩昔道の入口に5分くらいまで到着しました。
昔道を歩いていると、都心では見られない水たまりにはった
氷がいたるところにありました。
一番楽しかったのはつりばしわたりです。
たぶん昔、その先に道があったのかと思うつりばしでした。
先に行って道があるかと思うと、行き止まりでした。
下を見るととてもこわかったです。

廃線トンネル 橋の下

そのようなつりばしが2つもありました。
とちゅうにはいせんトンネルがありました。
でもその先はあぶなくて行きたかったけど行けませんでした。
歩いているとその先にも
トンネルがあり、それは行けたので楽しかったです。

ダムです

ダムについてほとりで休んでからてんぼう台へ行きました。
ながめがとてもよかったです。

展示室 展示室③ 展示館からの景色

帰りはバスで奥多摩駅にもどりました。
疲れたけど、とても楽しかったです。   ( くま たけみ )

ことみ隊長からの一言

1月29日 ハイキング
タイトル  大失敗。

やってしまいました・・
リーダーを始めて約10年。隊長になって3年半。
初めての大失敗。絶対に最初で最後にしたいこと。

大遅刻。

理由は色々あるにしろ絶対にあってはならないこと。

本当に本当に ごめんなさい。

それより何より、自分が初めて
「今日、行かなくてもいいかな」と思ってしまったこと。
ほんの少しでも投げやりな気持ちにになってしまった自分のことが 
本当にいやでいやでたまりませんでした。

スカウトたちを追いかけて、一人奥多摩駅へ・・
途中、ベンチャー隊長と連絡をとりながら少し先回りして合流。
スカウトたちは
「あれ~?!隊長、どこからきたの~?!」と。
解散の時「今日は、寝坊して遅刻してしまいました。
ごめんなさい。」と平謝り。

無事に1日の活動は終了したものの、
隊長でいる自信を無くした私の落ち込みは一週間ほど続きました。

くやしい気持ち、自分で自分にイライラして気持ちの切り替えもできず 
どうしていいのかわからないまま 
ただ黙々と次回、追跡ハイクの準備をしました。

はい、チーズ

大丈夫。
スカウトたちは「隊長はどうしたの?」と
気にしていましたが、隊長の姿を見ると
隊長が来た~よかった~
写真のようにみんな笑顔です。

帰宅後、万歩計を見ると約23,000歩も歩いていました。
ナイトハイクの練習にはぴったりだったでしょうか。
長い山道でしたが、ところどころにつり橋や廃線、トンネル
次のようなお楽しみがところどころにあり、
飽きることなく歩くことができました。

いろろな看板 こわごわ

東京とはいえ、少し遠い旅をしました。
「むかし道」と名のつくその道は、
ダムを造った人々の苦労がしのばれるような
いえいえ、まだひっそりと人の住む
雪の残る美しい山道でした。

ベンチャー隊の皆さん、一日ありがとうございました。


       

PageTop