ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

新春恒例大餅つき大会

新年 明けましておめでとうございます。
今年最初のカブ隊活動は、恒例、団行事でもある「餅つき」です。
朝9時30分にやくも公園に集合。新年のあいさつや、冬休みどのように過ごしたカなどスカウト達と話をした後、今日のお餅のレシピや買い物等を各組に別れて確認。ちなみに今年は1組「うめしそ」、2組「さとう醤油」3組「ポテトチップス」4組「大根おろし(じゃこのせ)」です。
IMGP0287.jpg

打ち合わせの後買い物へ。各スカウトは、みんな家庭でのお手伝いをしている事が反映され、各組てきぱきとお買い物終了。教会に集まり、エプロン、バンダナ、マスクを着用し手袋をした姿は、「料理人」みたいな雰囲気です。
IMGP0297.jpg

その頃、各隊腕自慢の男性リーダー軍団は、育成会の方々が昨日から仕込んだ蒸しあがったばかりのもち米を臼に入れ、餅つき開始です。30キロあったもち米は、みるみる打ちにおいしそうなお餅に変身してゆきます。
続いてスカウト達の餅つき体験です。まずは、ビーバースカウトおよび見学者が、子供用の杵(といっても結構重いのですよ)を一生懸命振り上げお餅をついています。その後か舞台の番です。この日は風が強くとても寒かったのですが、それすら忘れて皆楽しそうに餅つきをしていました。
IMGP0317.jpg

餅つきの後は、お待ちかねお餅をおいしくいただく時間です。特に育成会の方々に作っていただいた「お雑煮」と「お汁粉」はとてもおいしく、中には5杯も食べたスカウトもいたようです。ベンチャー隊が毎年作る「ピザ餅」も好評で、並んで待たないと食べられないくらいです。ボーイ隊は今年「たこ焼き餅」なるものを作っていましたが、こちらも大人気となっていました。カブ隊のお餅は小さいお子さんからお年寄りまで、みんなおいしそうに食べておりました。
IMGP0346.jpg

お餅食事会も終わり、会場を片付け、やくも公園に移動しました。本当はやくも公園でロープワークをしようと考えていたのですが、12月からの活動がずーっと室内で、久しぶりに外の活動となったので、リーダーもスカウトもわくわくわいわいしてしまい、結局ビーバーと一緒に体を動かすことにしました。
IMGP0350.jpg

やはりこういう時間も必要だなと思いながら、午後3時に解散となりました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する