ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

科学の世界へ

 普段活動というとハイキングというイメージが強いのですが、今回の活動は少し趣向を変えていろいろ興味を持たすという考えで、豊洲のあるガスの科学館に行くことにしました。
 午前9時いつものように小竹向原駅に集合しました。あいにくの雨ということでセレモニーは行えませんでしたが、スカウト達は今日も元気いっぱいです。また、今日はカブ隊のうさぎ、しかスカウトも一緒なのでいつもよりもさらにパワーアップしているようでした。合同の組編成を行い出発。電車の中ではカブ隊のお兄さん、お姉さんたちと楽しくお話しをしているようでした。

IMGP2810.jpg

 10時にガスの科学館に到着し、ガイドのきれいなお姉さんに館内の説明を受けましたが、その隣で気球の展示物があり興味はそちらに向いてしまっているようでした。

IMGP2813.jpg   IMGP2812.jpg

 ここからは各組に分かれての行動です。この館のコンセプトである「科学と暮らしの視点からエネルギーのはてなを学びなるほどを実感する」にそってキャラクターである「プカ、ポカ、ピカ」たちと一緒にガスについての知識を学びます。まずは入り口すぐそばにある「炎 のふしぎギャラリー」に潜入しました。ここは中心にマントルの樹とガス灯を束ねたオブジェがあり、暗い中とても暖かい気持ちになります。また、周りにはガスでシャボン玉を燃やす実験や炎で音を鳴らすコーナーがあり、スカウト達は熱心に学習をしておりました。
 次のブースはガスの採掘から運搬、そして各家庭まで運ぶ方法を体験を交えながらわかりやすく説明してありました。また、ここでは1時間おきに本格的でありながらスカウト達にもわかりやすい実験をしており、みんな目を輝かせながら実験をしているお姉さんの話を聞いているようでした。
 2階に上がると家庭の中でガスがどのように使われているのかを説明しているブースがあり、およそ家では使えない大きな鍋をふって炒飯や八宝菜を画面の中でこしらえるコーナーがありみんな美味しい料理を作ろうと一生懸命鍋を振るのですが、なかなか合格点に達するスカウトはいないようでした。他には床暖房やガスでの冷房を体験するコーナーがあり、そこでは靴を脱いで足元の暖かさや冷房の涼しさを実感しているようでした。

IMGP2819.jpg   IMGP2820.jpg

IMGP2815.jpg   IMGP2816.jpg

IMGP2817.jpg

IMGP2825.jpg   

 早いもので、あちらこちらを見学しているうちに12時になったので、食堂でみんな楽しくお弁当を食べました。科学館の2階にある食堂は天井も高くきれいで心地よい昼食タイムを過ごしました。

IMGP2821.jpg   IMGP2823.jpg

 午後はクイズに挑戦しました。4つの中から回答を選択する方式で結構難しい問題も含まれており、スカウト同士で話し合いながら解凍しているようでした。
 楽しい時間はあっという間で帰る時間となりました。午後2時過ぎに科学館を後にして3時過ぎに小竹向原駅で解散しました。
 次回は料理に挑戦しようと思っております。

PageTop