ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

アスレチックに挑戦

 五月晴れのすがすがしい季節。新緑が目にまぶしいこの季節にビーバー隊はアスレチックで汗を流すことにしました。
 午前9時に小竹向原駅に集合。今日は「照姫まつり」の奉仕のためボーイ隊も集合しておりました。朝のセレモニーを最近少し変えました。今まではリーダーが先導して大きな声で歌を唄っておりましたが、スカウトが中心に歌を歌うようにしました。
 9時半に小竹向原駅を出発し有楽町へと向かいました。地下鉄なので車窓の風景は見えませんが、勤務場所へ向かう人が多く乗車している車内の雰囲気ですが、スカウト達はいつもどおり仲間と楽しいおしゃべりをしておりました。
 有楽町で京浜東北線に乗り換え、10時半頃大森駅に到着しました。初夏の日差しがまぶしい中一路平和の森公園へと向かいました。公園内では釣りをしている人が多く見受けられ、スカウト達も何が釣れているのか興味津津のようでした。

IMGP2792.jpg  IMGP2793.jpg

IMGP2794.jpg

 11時少し過ぎにアスレチック場へ到着し、いつもより少し早いのですが、アスレチックを十分楽しむために昼食としました。

IMGP2795.jpg

IMGP2797.jpg  IMGP2799.jpg

 昼食を済ませいよいよアスレチック場に入場です。入場門をくぐると木製の器具がスカウト達を待ち受けております。最初は簡単な丸太飛びでしたが、コースを回っているうちに2メートルくらいのうんていや、ロープでできたはしごなど、大人でもちょっと躊躇するような難関が待ち構えております。そんなコースをスカウト達は、ある時は真剣にまたある時は楽しそうに1つ1つのコースに挑戦していました。

IMGP2801.jpg  IMGP2802.jpg

IMGP2803.jpg  IMGP2804.jpg

IMGP2806.jpg  IMGP2807.jpg

 後半戦は橋を渡り巨大なロープジャングルからです。ロープはギシギシ唸っているし、見ている者からするとまるでクモの巣に捕まった虫のような雰囲気でした。まだまだ遊び足りなさそうなので、ある意味危険なコース「水周り」に挑戦しました。ここは池の上に設営されたコースで足を踏み外したりするとまっさかさまに池の中という名物コースです。上級者と初級者コースがありますが、私たちは迷わず初心者コースへと向かいました。スカウト達は高さ3メートルくらいのロープはしごを乗り越え、その後はターザンロープです。ここを失敗すると池の中なのですが、今回は持ち物に着替えやタオルは入れてなかったので、リーダーがフォローし全員無事池を渡ることが出来ました。

IMGP2808.jpg  IMGP2809.jpg

 みんなが池を渡り終えた頃2時となったので、スカウト達はまだ遊び足りないようでしたが帰路に就くことにしました。朝のような元気は公園においてきたようで、行きに見つけた素晴らしい遊具のある公園も素通りでした。それでも大森駅でお菓子を食べ、水分補給をすると大復活のようでした。大森駅から有楽町経由小竹向原駅へ。小竹向原駅で解散セレモニーを行い午後4時解散しました。
 次回の活動は、カブ隊の「うさぎ」「しか」スカウトとともにハイキングに行きます。山を登り谷を越え飯能の「あけぼの公園」へと向かいます。

PageTop