ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

年に一度のお楽しみ  カブラリー

快晴の4月17日、練馬区のカブ隊が光が丘公園に大集合しました。
今回の活動は、年に1回の「カブラリー」です。
今年、スウェーデンで第22回世界スカウトジャンボリーが開催されます。
そこで、スウェーデンで毎年行われるノーベル賞について関心をもってもらいたいっということで、
今年のテーマは「ノーベル賞」
今までにノーベル賞を受賞した人の名前の付いた14チームに分かれて、7つのポイントを、
まわるポイントラリーです。

DSC06798.jpg  DSC06800.jpg

5団1組は、「ワンガリ・マータイ」
2組は、「根岸 英一」
3組は、「川端 康成」
4組は、「鈴木 章」
他団のスカウトとの混合チームなので、みんなチョッピリ緊張しているみたいです。
7つのポイントは、天文学者・自転車博士・工作博士・通信博士・乗り物博士・修理博士・
救急博士と名前が付いていて、それぞれ趣向を凝らした楽しいゲームが用意されていました。

DSC06808.jpg  DSC06805.jpg

「救急博士」は、2人組で1人がケガ人役になって二人三脚で手当ての方法を探す
ゲームでした。
さっきまで、ドキドキしていた他団のスカウトにもゲームが始まったとたん
「頑張れー!!落ち着いてー!!」っと励まし合い、いつの間にか打ち解けている様子です。
「天文学者」は、北極星を探すゲーム。こぐま座の神話も、みんな熱心に聞いていました。
「工作博士」は、竹をノコギリで切ってオリジナルのネッチリングを作るゲーム。
初めて、ノコギリを使ったスカウトもいたけれど、素敵なネッチリングが出来上がりました。
「修理博士」は、5団担当のポイントだったのでゲームの内容は知っていたけれど、
リーダー方の楽しいお芝居や隊長手作りのロボットに、スカウト達は大喜びでした。

DSC06833.jpg  DSC06774.jpg
  
残念ながら4チーム共、金メダルを手にすることは出来ませんでしたが…仲間と協力し頑張った
顔は、生き生きと輝いていました。                          <ゆきこ>


DSC06847.jpg


「バン、バン」風船が次々とわれ、全体ゲームが終わり、そろそろ今日のはっぴょうです。
今日は午前中も午後もゲームだったのでとても楽しかったです。
最初のころはねむくてあくびをしていました。
でも思った以上にゲームが楽しくていつのまにかねむけなんてふっとんでいました。
なぜならゲームを開始したときは二連ぱいし、そのあと三連勝することができ、勝ってむちゅうに
なったからです。しかしそのいきおいはつづかず、午後にまた二連ぱいしてしまいました。
さいごは全体ゲームでした。ルールは風船どおしをくっつけて高くつみあげれば勝ちです。
しかしたおれたらしっかくです。
さいごのはんていで、かぜでじめんにたおれたチームが一位となり、とてもくやしく感じました。
さいしゅうけっかは14チーム中13位で、昨年の1位からいっきにおっこちてとてもくやしい思いを
しました。
このくやしさを次に生かして来年は1位になりたいです。
                                         <ともなり>

4月17日 日曜日 カブラリーでした。
光がおか公園で、ゲームやクイズとかをしました。
ちがうカブスカウトには、友達が二人いました。ひろきくんとこうたくんです。
まずは、じゅんびたいそうをしてそしてカブラリースタートした。一番楽しかったのは、
ふうせんにガムテープをはってどんどんのせていくゲームが楽しかったです。 
                                          <たける>


昨年1位、2位を独占した5団が、まさかの下から1位、2位・・・。
しかし勝っても、負けても楽しく過ごせるのがカブラリー。
スカウトのみんなが楽しめるようにと、早い時期から準備をすすめてきてくれた各団の隊長さんに
感謝です。
とくに、こんなかわいらしいロボットまで作ってくれたことみ隊長には大感謝!!
DSC06832.jpg


自分の団だけではなく、他団と接することにより得たものがあるのではないでしょうか。
同じ練馬区で活動しているのだから、顔や名前を憶えて毎年会うたびにお互いの成長が
感じられるといいですね。
そしてその友情がずーっと続くと素敵ですね。


次回の活動は<イースター>です。

PageTop