ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

寒さに負けるな! ハイキング

例年になく、寒い日が続いています。今日も霜柱が立つくらいの冷え込みでした。
そんななか、教会から上野動物園まで10キロハイクを行いました。

小竹向原から上野までは、電車を使ってしまえば30分程度ですが、歩くと約3時間。
いつもどおり、4つの組に分かれ、9時から5分間隔で順番に出発し、12時半頃の到着を
目指します。

曲がるところだけを示されたコマ地図を手に、練馬区から豊島区、板橋区、文京区、
台東区と五つの区を跨って歩いていきます。
幸い日差しに恵まれ、歩いているうちに体も温まってきました。

DSC06291.jpg  DSC06296.jpg
    
歩いて移動することで、普段はなかなか目に入らない街並みが見えてきます。
豊島区と板橋区が複雑に入り組んでいることを発見したり、通り過ぎる様々な地名の
由来を想像してみたり、そんなことを通じて自分たちが住んでいる東京への理解が
深まります。

池袋を越えると、少し懐かしい感じの風景を目にすることができます。
春日通りを歩いていく途中、都電荒川線の踏切を渡ります。
ちょうど向原駅(むこうはら、と読むんですね)を発車した三ノ輪橋行きの電車を
見ることができました。
春日通りから不忍通り、白山通り、本郷通りと歩みを進め、根津神社で小休止です。
もう残り少しなのですが、「足が痛い」、「疲れた」、「おなかが空いた」という声が
聞こえてきました。
ちょっとおやつをつまみ、水分補給をして、ゴールを目指します。
神社の境内を抜け、不忍通りを進むと、左手にはいよいよ不忍池が見えました。
池ではたくさんの鴨、鳩、カモメが羽根を休めています。
弁天堂を越えると、先行していた他の組の姿が見えました。ゴールです。
4組とも目標の時間内に到着しました。

DSC06305.jpg  DSC06307.jpg

上野公園では、梅が咲き始めるとともに、寒桜もちらほらと可憐な花を咲かせ、
皆のゴールを迎えてくれました。
しかし、スカウトたちの目(鼻?)に入ってくるのはたくさんの屋台のようです。
焼きそばやイカ焼きの香ばしい匂いが空腹を刺激します。

動物園の正面入り口前まで移動し、お昼ごはんを食べました。
たくさん歩いた後のお弁当は格別です。
その後は、上野動物園に入場です。各組ごとに、動物の生態や食事を調べます。
私が同行した組は、ゴリラの観察となりました。
ゴリラはどんなところに住んでいるのか、体長や体重はどのくらいなのか、どんな
ものを食べているのか、普段は見過ごしてしまいがちな解説の看板に見入っていました。
子供のゴリラを間近に見ることができ、皆「可愛い」と感激していましたが、
一番興奮していたのはYリーダーでした。

DSC06326.jpg  DSC06335.jpg

動物観察と同時に「計測」を学びました。自分の身長や、手のひらの長さ、足の大きさ等、
自分の体の一部の長さを測っておけば、それらを組み合わせることでメジャーがないときでも、
おおよその長さの見当をつけることができます。
動物園の中にある様々なものの長さの見当をつけた上で、最後にメジャーを使って検証して
みる、という一連の動きを通じ、計測(目分量)の難しさと面白さを感じてくれたことと思います。

園内の滞在時間は、一時間少々。限られた時間で様々な動物を観察しようと園内を走り回り、
10km歩いた後の疲れなどすっかり忘れている姿を見ると、ナイトハイクも心配なさそうです。

DSC06338.jpg

次回の活動はスキーです。
もっともっと寒い雪国ですが、今日以上に熱い活動ができることでしょう。  <Y.K>

 

今日は小竹向原から上野動物園まで歩きました。そのきょりなんと10Km!!
組長が「自信がない人~?」と聞いて、ぼくが「は~い。」と言うと、みんな笑いました。
その言葉とおり、ゴールにつくころには、足がぼうになっていました。
さらに!上野動物園では、トラぐらいしか見れませんでした。          <さとる>

ぼくは、はじめて12キロのハイキングのときにずっとせんとうを歩きました。
上野公園に行くまで、道をまちがえてもくてきちに行けなかったらどうしようと
考えていて、ものすごくどきどきしました。
と中・と中に休けいがあったけどぼくの足はすこしいたくなってきていましたが、
最後まで歩けて良かったです。                           <ゆうま>

PageTop