ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

何処に行くのかな(追跡ハイク)

 カブ隊は、毎年恒例石神井公園においてビーバー隊と合同で追跡ハイクを行いました。

 ビーバースカウトのために追跡コースを作るのですが、ただ歩かせるだけでは物足りないので、途中各組で考えた指令を出し、またゴールでは暗号を出すようにしました。

 9時に江古田駅集合し、朝のセレモニーの後ビーバー隊に聞かれないように各組に「て・る・ひ・め」の一文字ずつを暗号として教え、石神井公園に向け出発し、10時少し過ぎに今回のコースである三法寺池に到着。さっそく各組に別れコースを作成しました。
IMGP0238.jpg


 作成を終え、いよいよビーバー隊の登場です。組長がビーバー隊の水先案内として同行し、うさぎとしかは途中チェックポイントとゴールに待機です。あちらこちらで「今度はこっちだ」とか「この記号はなんだろう?」というビーバーたちの元気な声が公園中に響き渡っておりました。
IMGP0243.jpg


 約1時間の追跡ハイクを終え、楽しい昼食タイムです。あちらこちらから楽しそうな歓声が聞こえてきます。

 食事の後は、副長たちがカブ隊のために追跡コースを作成している間、これまたビーバーと合同で、先日の100周年記念で行った「カントリーマーム食競争」を行いました。各スカウト30メートル前方にぶら下げられている「カントリーマーム」から目を離しません。みんな大きな口をあけて、カントリーマームと格闘していました。その後は、普通のリレーを行いましたが、ただ走るだけでは芸がないので、リーダーとじゃんけんをして、負けると各隊の「やくそく」を唱和するようにしました。みんなスタート地点で呪文を言うように、「やくそく」を練習していました。

 リレーの後、ロープワークをやり、待ちに待った副長が作成した追跡コース踏襲です。各組少しずつ時間をずらし、目的地「石神井城跡」を目指しました。なんとビーバーも参加していました。
全員石神井城跡に到着。午後のイベントの始まりです。「語り部」(副長)が登場し、石神井城および練馬の歴史についてスカウトたちに聞かせました。
IMGP0285.jpg


 イベント終了し、江古田駅に戻り、先ほどの競争で優勝した組の表彰等を行い、3時30分解散しました。
次回の活動は、クリスマス会の準備。今年は民族舞踊に挑戦しようと思っております。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する