ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

みんなで元気よく「いらっしゃいませ」

今日は練馬5団の母体であるガブリエル教会年に一度のお祭り「ガブリエルフェスタ」の開催日です。毎年ビーバー隊はジュース販売のお手伝いをしております。
 午前11時に教会に集合しました。みんなそれぞれ持参したお手製牛乳パックの氷を大きなケースに移し替えます。これがなかなかの大変で、氷がなかなかパックから離れてくれません。悪戦苦闘をしながら、また、半分楽しみながらジュースを冷やすケースに氷が入っていき、ジュースを冷やす準備が完了しました。
 
無題
 
 開催までまだ時間があったので、近くのやくも公園で遊び、時を待ちました。
 12時フェスタが始まりました。お客さんたちは待ってましたとばかりに買い物をしたり、食事を楽しんでおります。ビーバー隊も二組に分かれて、ジュースを売ります。最初は恥ずかしいようで大きな声がなかなか出せませんでしたが、先日の「赤い羽根共同募金」での活動を思い出したのか、すぐに元気な声でお客さんを呼び込んでいました。その姿はとてもはつらつとしており、楽しそうにジュースを販売しているようでした。
 午後2時になるころには、みんなの元気な掛け声のおかげで、みるみるジュースが無くなっていきました。売るものもなくなってきたので、後の時間はフェスティバルを楽しんで、午後3時に解散しました。

PageTop

秋キャンプ2013 in小川げんきプラザ

秋キャンプ2013 in小川げんきプラザ

第1日目9月に入隊&上進して、今回で三回目の活動はキャンプです。
急に涼しくなった、朝の集合時のスカウトたちは…
ビーバー時代には無かった宿泊にうさぎはドキドキ…
新しい組長次長も内心そわそわ!?いい緊張感が伝わってきます。

まずは電車で目的地近く東武竹沢まで。電車に乗るときのマナーはどうかな?うんうん、うさぎが飽きないようにキャンプの話をしてあげたり、さすがだね。

さて駅に着いたらまずはハイキング!金勝山を登ります。はじめはお喋りも元気だったけど、なかなか急な階段もあって…列が延びてきたかな?頑張れ~と声を掛け合うスカウト達。
頂上について、一休みしたら、さぁ小川げんきプラザへ向かいます。またぁ?なんて言いながら、なかなかの足取りですよ。歩く順番も変えたりして、だんだん組がまとまっていきます。

HK1a20131013_012.jpg HK3aCIMG0308.jpg

HK7aDSC05077.jpg HK4aCIMG0315.jpg

 HK6aDSC05217.jpg HK5aDSC05065.jpg 


全員げんきプラザへ着いたら、お弁当、開村式と続きます。プラザのテラスで全員お揃いの木のバッジ作りや誘導灯作り。組集会、スタンツの練習を通して、すっかり組のまとまりが出来てきたみたいです。

GKP1a20131013_014.jpg GKP3aDSC05096.jpg

DM1a20131014_004.jpg DM2aDSC05110.jpg


夕食後はお楽しみ、キャンプファイヤー。プラザから営火場までは真っ暗!リーダー達のライトを頼りに歩いていたけれど…「ちょっと消してみて!」とってもきれいな星空と、夜景と、遠くの花火まで見れました!キャンプファイヤーは各組それぞれの味が出ていましたね。歌も昼間練習したから大きな声で歌えた…かな!?

CF2aDSC05193.jpg CF1aDSC05150.jpg


部屋では部屋ごとの長がメンバーをまとめます。話にはながさき、まだまだキャンプファイヤーの興奮冷めやらぬ…と思っていたら、すっかり静かに…。盛りだくさんの1日目でした。」

4組DL A.F


☆「ぼくは、山のぼりとキャンプファイヤーが楽しかったです。山のぼりは、下りるときが下りにくくて大へんだったけど、おもしろかったです。」  ~4組うさぎ K.O☆「秋キャンプ一日目ハイキングに行きました。少し大変だったけど、いろいろのどんぐりとかがあって楽しかったです。とまった後帰る時のハイキングは下りだったのでかんたんでした。」
  ~4組 しか M.O

☆「ぼくは秋キャンプで小川げんきプラザに行きました。いちばん心に残ったことはキャンプファイヤーです。いつもよりキャンプファイヤーの火が大きかったので、顔が熱かったです。キャンプファイヤーでは歌を歌ったり、げきを見たり、クイズを出したりしました。ぼくは、キャンプファイヤーで歌を歌ったのが楽しかったです。」  ~4組次長くま J.K

☆「一日目は、熊スカウトになって初のキャンプでした。最初はみなシンとしていたけれど、キャンプファイアではワイワイやっていたから、良かったと思いました。 行きのハイキングで、うさぎスカウトが『疲れた~。』とか、『もうやだ~。』とか言っていたけれど、きちんと登れたので良かったです。 春キャンプ、夏キャンプも元気でにやりたいと思います\(^o^)/」
  ~4組長くま H.N



第2日目
キャンプ2日目。とても清々しく気持ち良い朝です。元気にラジオ体操をして目を覚まします。
今回参加できなかった隊長からの伝言を、副長が読み上げ、みんな耳を傾けて静かに聴いていたのが印象的でした。また、スカウツオン(講話)もスカウト達の心に響いたことでしょう。

美味しい朝食を食べたあと、部屋の整理を行ない、さあ、活動開始です。
最初の活動は、キャンプ初日に考えた五七五(俳句)の発表です。キャンプの感想を織り込んだ秀作ぞろいでした。
FD2aDSC05112.jpg FD1aDSC05214.jpg


続いて、今回のキャンプのメイン・イベントである、追跡ハイクです。木や石や草などで作った暗号を見つけて、ゴールにたどり着くゲームです。今回は、キムスというゲームもミックスしています。キムスとは、最初にいくつかのアイテムを見て覚えてもらい、その中にあるアイテムをゴールから取ってくるゲームです。
しかも、ストーリー仕立てで、ゲームが始まります。もじゃもじゃ頭にお面をつけ、コートをまとった「イレーザー博士」が登場し、森の破壊を企てます。これを阻止するためには、博士の落としたファイルにある三つのアイテムを探し出して来るしかありません。森の妖精の力を借りて追跡ハイクのスタートです!
みんなワクワクしながら、暗号を探しに行きます。その後、スカウト達は、三つのコースを見事に攻略しアイテムをゲットしました。
この活躍によって、森の平和は守られました。博士も心を入れ直しました。
TR1a20131014_014.jpg TR2aDSC05200.jpg


その後、昼食を食べ、山みちを下り、電車に乗って帰途につきました。
小竹向原で、仲良しの輪をやって、元気に解散。天候に恵まれ、大成功の秋キャンプでした。
~DL T.K~

☆10月13日~10月14日、秋キャンプに行ってきました。 私は組長初めてのキャンプで、みんなをまとめなければならず大変でした。それから私にとってはカブ最後の秋キャンだったので隊長がいなくてさびしかったです。 1日目の山道のハイキングは、短い時間で登ったけれど、登りと下りのさがあってしんどかったです。着いた時のながめはすごくきれいでした。 夜のキャンプファイヤーでは、火がいつもより大きく火事になりそうでドキドキしました。スタンツは大人に関係するかえ歌がけっこうウケたので嬉しかったです。 2日目は当番組で大変でしたががんばりました。2日目で一番楽しかったのは、追跡ハイクです。すごくおもしろかったです。でもイレイザーはかせが私のお父さんだとすぐわかり、ちょっとつまらなかったです。あと妖精は、妖精でなくあくまでしょう(笑)それから2日目のごはんがカレーでなかったことが残念でした。しょうがないかな…。 帰りの下り坂で組の子が「ヤッホー」と言ったら「ヤッホー」とこだまが帰ってきたので不思議でした。 楽しいキャンプになりました。 ~5組長 くまT.H~

☆今回の秋キャンプはたいちょうがこれなくてざんねんでした。 山は登ったり下ったりしたけれど、いつもにくらべて短かったので楽でした。キャンプファイヤーの2組のスタンツがものすごくおもしろかったです。ぼくの組のスタンツはかえ歌です。かえ歌はみんながわらってくれたのでうれしかったです。□ついせきハイクはイレイザーはかせがおもしろかったし、森のようせいもおもしろかったです。つかれたけど楽しかったです。
~5組 しか T.N~

☆ぼくはカブスカウトという団体で秋キャンプに行ってきました。 行ったばしょは小川町にある小川元気プラザという、しせつです。1ぱく2日だったので、1ぱく目の夜にキャンプファイヤーをしました。キャンプファイヤーのとき、スタンツをしました。楽しかったでした。炎がものすごくあつかったです。
  ~5組 しか H.S~


次回は教会で「ガブリエルフェスタ」、いっぱい楽しもう!

CVa20131013_029.jpg
(写真:T.K)

PageTop

赤い羽根共同募金

10月1日の活動は赤い羽根共同募金活動&老人ホーム慰問~雨の中、一日盛りだくさんの活動になりました。

朝7時に教会集合。整列・点呼・出欠確認を済ませ、かなりの雨が降り続く中、さあ出発です!
まだ朝早く眠い目をこするスカウトもいれば「沢山集めるぞ」と、張り切るスカウトの姿も。
募金箱の配置場所は数多く、江古田駅、新江古田駅、東長崎駅、小竹向原駅にスカウト達とリーダー、保護者の方々が数人ずつに細かく分かれて移動、7:30から募金奉仕活動が始まりました。
出勤・通学前でそのまま通り過ぎそうになっていた方も、お声をかけると、立ち止まって募金をしてくれました。スカウト達も後半は声がかれながらも募金の呼び掛けや赤い羽根を差し出す元気な姿が見られました。

20131001_003.jpg 20131001_009.jpg
20131001_015.jpg 20131001_020.jpg


結果は 240,036円(昨年度232,057円)でした。(雨天時なのに昨年比アップすばらしいです。)団委員長が、後ほど4つの駅の駅長宛に払込票を添付したお礼状を届けてきて下さいました。募金して下さった方々はもちろんですが、各隊リーダーをはじめ育成委員・団委員、保護者他、多数のご協力を得られ感謝しています。

9時15分まで募金活動をし、教会まで戻りました。行きに降っていた雨も一旦上がり、教会に戻り、老人ホームで披露する「大きなうた」と「ビリーブ」の歌を手話つきで練習しました。その後プレゼントの折り紙(小物入れ)を一人1枚ずつ折りました。お昼ご飯を教会の前(教会内は飲食だめなので、入口手前の以前スイカ割りをした所)で取りました。昼食後、もう一披露する歌を練習したのが、一番上手でした。練習の成果です。そして、前半の募金活動に引き続き、後半の老人ホーム「養浩荘」へ慰問活動に行きました。

江古田の教会から池袋の施設まで、徒歩で約50分、雨が振ったり止んだり…うさぎスカウトはカブに上がり初めての野外活動、一生懸命歩いているけど追い付けなくて、小走りする場面も。
…施設では、スカウトが半分に分かれ2階と3階へ。入所している方の前で2曲歌いました。
おじいさんとおばあさんはスカウトをみると、凄く喜んでいました。涙を流している方や、手話を真似している方もいました。
教会で折った、小物入れの折り紙をプレゼントしましたが、それも大変喜んでくれました。施設に居たのは30分弱でしたが大変好評で「またぜひ来てください。」と言って下さいました。

帰りも雨が降ったり止んだりの中、同じ道のりで帰りました。ぐったり気味のうさぎスカウトも頑張り歩き教会に着きました。16時前に解散。一日中雨の中お疲れさまでした。

【スカウト感想】
☆池ぶくろの特別ようご老人ホームに行きました。老人ホームでは「おおきなうた」と「ビリーブ」を手話付きでやったり、教会で作った小さな入れ物をあげたりしました。みんなよろこんでくれたのでよかったです。3組組長R.M☆「赤い羽根きょうどうぼ金にご協力おねがいします。」と1時間以上、声を出していたので大変だった。たくさんの人がぼ金してくれてうれしかった。
3組しかT.S

☆ぼ金は、さいしょ、ふつうの声でやってたけれど「もっと大きい声で」って言われたからがんばって 大きい声で言いました。色んな人が入れてくれてうれしかったです。 ビリーブはニコニコして聞いてくれてうれしかったです。
3組うさぎS.K

☆10月1日に赤いはねきょうどうぼ金に行きました。千円さつを二まいも入れてくれたのでうれしかったです。 そのあとで老人ホームへ行って歌を歌いました。おばあちゃんたちがよろこんでくれてよかったです。 たくさん歩いたからつかれました。」
3組うさぎS.F

☆今回の活動は、赤い羽根きょうどうぼきんで、大きな声でよびかけました。雨の中大変だったけど、 たくさん募金が集まりました。お金を入れてくれた人にかんしゃをしています。 そのあと、ろう人ホームに行きました。そこでは、手話つきの歌を歌いました。 おじいちゃん、おばあちゃんがとても喜んでくれたので、とても嬉しかったです。
3組次長K.N

☆「カブの活動に参加してみて、それぞれ性格の違う子たちを見て私自身も良い経験になりました。 そして何より隊長はじめリーダーさんたちの大変さも実感しました。またお手伝い出来るときは参加していきたいと思いますので、宜しくお願いします」
3組くまN保護者母

☆「偶然、通っていた保育園及び小学校の近くの出入り口だったので、多くの友人、知人が通り、募金して頂けました。多くのボランティアの保護者を各駅に振り分けていただくので、大変だとは思いますが、住まいの近くのところで、お手伝い出来ると、募金がより多く集まるのでは、と感じました。声を出し続けて喉が痛くなりましたが、初めての募金活動は、楽しくお手伝いさせていただきました。貴重な機会を、ありがとうございました。
3組うさぎK保護者母

次はいよいよ秋キャンプです。今度は雨降らないようにビリーブ(信じて)歌いましょう♪3組デンリーダーS.I

PageTop