ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

『組集会と、クリア章をとるぞ!』

6月23日(日)梅雨の間の晴れ日和です。今回は「8月の夏キャンプに行く大島について調べて発表する」ことと、「クリア賞が獲得できるようにする」ことを目標にスカウト30名、リーダー12名で活動しました。

9時に江古田北口公園集合して整列、なかよしの輪になってセレモニーが始まり、カブコール→国旗儀礼→連盟歌→隊長の今日の活動についてのお話がありました。国旗の掲揚は、もうすっかり慣れた手つきですね。

その後、小竹集会所に移動。机を出して組集会として1組~6組に分かれて、事前に宿題として各々が調べてきた「大島について」の資料を元に、まず大島について、何を調べ、まとめるかを話し合いました。「テーマを決めるって?何にしよう?」始めは首をひねるスカウト達・・・隊長から、「例えば、大島の歴史についてや山について、特産品などいろいろあるよね。」とヒントを出してもらい、だんだんとスカウト達もイメージが沸いてきました。
組ごとのテーマが決まったら、次は模造紙にまとめていく作業開始です。色マジックで「ここに大きく地図書いて。」「写真も切って貼ろうよ。」「いや写真よりも絵が良いよね。」・・・賑やかに発想もどんどん出てきて作業が進んで行きます。模造紙にまとめた後は発表の練習です。「あと数分しかないよ~頑張れ。」とリーダー達は見守ります。

各組が制限時間内に準備完了。さぁ、いよいよ順番を決めて各組の発表です。

まずはじめは、4組の「大島についての概要」です。人口、面積、山、気候、特産品の説明が絵入りで説明がありました。「あした葉」や「くさや」が特産品と初めて知った顔をしているスカウトもいました。

次は6組の「伊豆大島観光について」です。手書きの地図が見やすくて、「行きたいところランキング」(1位三原山、2位温泉、3位大島公園)の発表で、隊長が「今回は2位の温泉は無いけれど、それ以外の1位と3位には行く予定です」の補足説明があって、「よっしゃー」と歓喜の声が上がりました。

5組は「大島へのアクセス」と「大島見どころマップ」の二つに分けての発表でした。竹芝から大島まで船で8時間かかっても、高速船では1時間45分、飛行機では30分で着くのが分かりました。隊長から「大島の大きい港は2つあって、その日の天候や海の様子で発着する港が変わります。船で8時間もかかるのは夜に出発して朝に到着するように海上で滞在しているから。」と具体的な説明もありました。「見どころマップ」では大島の通年イベント行事(つばき祭り、ヨットフェスティバル、駅伝・・・)の紹介があり、隊長の下見の時にちょうどトライアスロンの準備中だったそうで、イベントに向けて島全体が一体となっているのを体感した話が聞けました。

次の1組は「大島の歴史と民話について」です。8000年前の先住民の存在。明治11年に静岡県から東京都に変更といった歴史についての説明と、江戸時代の民話「かいなんぼうし」のお話もありました。毎年1月24日に悪代官の霊が・・・ちょっと震えるスカウトも(笑)

3組は「大島の自然について」です。
海に囲まれ緑豊かな大島の、たくさんの魚と花と虫の紹介を写真付きで説明してくれました。大島はツバキが有名ですが、隊長の下見時はアジサイが満開だったそうです。自然とのふれあいはもちろん、大島ボーイスカウト達との交流もできるといいですね!

最後は2組の「火山について」です。
中規模の噴火をくり返してきたことや、1986年の噴火で死者が1名出たこと、火山博物館などの紹介がありました。隊長から「夏キャンプでは火山のてっぺん近くをくるっと回る予定」と聞いてみんな想像をふくらませていました。

みんな熱心に発表を聞いた後に昼食をとり、午後からは移動して清掃活動です。
江古田北口公園周辺と江古田駅周辺のごみひろいをしました。タバコの吸殻や空き缶、ペットボトル、納豆容器や犬の糞までがんばってひろいました。

その後、公園で集合。「うさぎ」、「しか」、「くま」の各ステップに分かれてクリア章が取れるように確認、足りないところをクリアできるように各々進めていきました。そして、次は各ステップを2つに分けて6チームでのスタンツを考えて披露です。テーマは「大島、夏キャンプ」です。短い時間の中で考えて、民話やアイドルにもじった劇もあって笑いありの楽しいスタンツ披露になりました。「くま」の大きな声はさすがですね。

続いて帽子送りゲームをして盛り上がりました。

終わりのセレモニーでクリア章とチャレンジ章の表彰。次回はもっと人数増えることでしょう。
予定通り15時解散。おつかれさまでした。

<感想>

・ 今日は盛り沢山の内容でしたがみんな頑張りました。今日一日で「大島博士」が 誕生したのではないでしょうか。さらに深めていけたらいいですね。(3組DL S.I)

・ 大島についてのスタンツを考える時間が短かったです。夏キャンプに行くのが とても待ち遠しいです。(3組しかY.N)

・ 虫とか調べるのが難しかった。大島についてたくさん調べて分かったので、
 早く早く大島に行きたいです!(3組くまT.K)

PageTop

科学未来館

今日はスカウト達も楽しみにしていた、お台場の科学未来館見学です。

梅雨入りしたというのに、なかなか雨が降らず、今日も暑いくらいのよいお天気です。
セレモニーを終え、未来館へ向けていざ出発。人数も多いので、各班毎に別れて移動します。

未来館へ向かう電車内で、館内を見学するためのルートを考えます。プラネタリウムも見たいし、アシモもいるよ!面白そうな実験もあるし…、宇宙ステーションにも行ってみたい!!どんどん行きたい場所が増えてきて、とても時間内で回れそうにありません。組長が中心となって、まずは見学場所の絞り込み、上映や実験など、予め決められた時間に開催されるものもありますので、その時間を考慮しながら、見学ルートが出来上がってきました。プラネタリウムなど、座席数に限りがあるものもありますので、満席となってしまって見学出来ない場合の第2案までしっかり考えました。

そうこうしているうちに東京テレポート駅に到着。未来館までは歩いていきます。あ、遠くにガンダム発見!!スカウト達のテンションも上がってきました。15分程歩いたところで未来館に到着。館内の入り口近くにある未来館のシンボル展示、大型地球ディスプレイ、ジオコスモスが迎えてくれました。
プラネタリウムを見たい班が多かったので、急いで入館手続きをすませ、一足先にリーダーがプラネタリウムの上映券を確保しようと6階のチケット売り場に並びましたが、残念ながら希望の回を取ることが出来ませんでした…。
気を取り直して、入口にてお昼ごはんの集合時間・場所の説明を受けた後、各班毎に解散。スカウト達は、一目散に希望の見学場所へ向かいました。走らないで下さいね~。

昼食の時間以外は、各班、思い思いに見学しました。
キラキラ瞳を輝かせ展示に見入るスカウト、実験コーナーで積極的に質問するスカウト、興味深そうに顕微鏡をのぞきこむスカウト、鉱物を手に取り、じーっと見比べるスカウトなどなど、いろいろな場所で熱心に見学している姿を見ることが出来ました。子供達の理科離れが言われて久しいですが、アプローチ次第で、とても楽しく学ぶ事が出来るのだと感じた1日でもありました。

楽しい見学時間も終わりに近づき、あっという間に集合の時間に。お昼に、隊長から5分前行動を心がけるように言われたのもあってか、時間までにはきちんとどの班も集合出来ました。未来館を退出後は、近くの芝生広場でおやつタイム、各班毎に別れて帰路につきました。

定時に小竹向原駅到着でほっと一安心。その後、表彰式をしました。チャレンジ賞6名と、うさぎで初めてのクリア賞も出ました。皆さんも後に続くように頑張りましょうね!

次回は組集会です。

…………………………………………………………………………………………………………
6月9日に科学未来館に行きました。
そして、見学した中で面白いと思ったものをあげると2つあげられました。
1つはアナグラのうたです。
アナグラのうたは人の位置や移動、声などを情報として扱う「空間情報科学」というものを使った体験コーナーです。そこでは他の人と近づきすぎるとオフラインになってしまい、再度ログインしなくてはいけなかったので少々ムカつきましたが他では味わえない感かくが楽しかったです。
もう1つは超伝導の実験です
これは、超伝導体という黒いかたまりを使っていろいろな効果をためしました。最初はただの黒いかたまりなのにいろいろくわえることでただの黒いかたまりではなくなるというのが不思議でした。
今回の活動ではふだん時間がなくて見れないところまでたっぷり見れました。
今度は家族といきたいです。
(2組 N.F, しか)

6月9日に科学未来館に行きました。2 班は、アシモ、アナグラのうたなどに行きました。
ぼくが一番楽しかったのは、アシモです。アシモはただ歩いたり、しゃべったりしかできないと思っていたけど、ボールをけったり、走ることもできました。
お腹にセンサーがついていて、それが目の代わりをしていて、周りをみて自分で判断して動けるというのがすごいと思いました。未来にはロボットが料理をしたり、お手伝いをしてくれたりするのかなと思いました。僕はアシモとサッカーであそびたいです。
(2組 N.O, うさぎ)

PageTop

星空を科学する。

 本格的な梅雨のシーズンがやってきました。見上げるとそこは雨具もだらけです。星なんか一つも見えません。そこで、今回の活動は星を観察するためにプラネタリウムに行くこととしました。場所は上板橋にある教育科学館です。
 そぼ降る雨の中、午前9時に小竹向原駅に集合しました。雨のためセレモニーは雨が上がってからすることとし、さっそく目的地に向かうことにしました。スカウトたちの傘の花がとてもきれいです。

DSCN1018.jpg

 途中、城北中央公園で休憩を入れて、10時過ぎには科学館に到着しました。

DSCN1019.jpg  DSCN1020.jpg

 館内で係の方に注意事項をうかがって、まずは地下1階にある常設科学展示場へと向かいました。

DSCN1021.jpg

 ここには20種類以上の科学を体感できる展示物があり、スカウトたちは各々リニアモーターの仕組みや太陽光発電、竜巻が発生する状況など楽しく体験していました。

DSCN1023.jpg  DSCN1024.jpg

 およそ30分、各々科学を体感した後、今度はプラネタリウムで星を科学することにしました。今の時期に見える星を中心に、係りの方がわかりやすく、親切丁寧にお話をしてくださいました。スカウトたちも普段なかなか見られない星空に夢を乗せているようでした。

DSCN1027.jpg

 40分ほど星空観察を行い、再び展示場へ。先ほど時間の関係で取りできなかった施設を中心に、科学を体感しているようでした。

DSCN1025.jpg  DSCN1026.jpg

 気が付いたら雨も上がり、また12時を過ぎたので、隣の平和公園で昼食をとることにしました。公園内には池があり、その真ん中に島のような場所があったので、そこでみんな楽しそうに食事をとることとしました。

DSCN1029.jpg  DSCN1030.jpg

 食事後、本当は朝のセレモニーの時に行うはずだった入隊式を行いました。「やくそくときまり」の唱和は少し緊張しているようでしたが、スカウト全員で助け合いながらうまく唱和することができました。今日から新しい仲間が二人増えました。
 平和公園を後にして小竹向原駅へ。途中休憩を入れながら2時少し過ぎに到着しました。解散セレモニーを行い、2時半に解散しました。
 次回は、夏山に挑戦するため、飯能の天覧山に上ります。

PageTop

カブ隊 春キャンプ2013

春キャンプは、千葉県の手賀沼公園に行くことになりました。秋、冬に続き、3度目のキャンプです。キャンプでの集団生活では、スカウト同士の仲間意識も一段と高まるようです。
5月25日(土)、26日(日)は天候にも恵まれ、快晴の2日間となりました。
スカウト31名、リーダー14名の計45名が参加しました。いつものように小竹向原駅に集合、有楽町線:小竹向原~池袋 山手線:池袋~日暮里 常磐線:日暮里~我孫子 そして成田線:我孫子~湖北へと電車を乗り継いで移動です。乗換時間を考えながら、組ごとにてきぱきと移動し、9:55に湖北に到着しました。湖北駅からは宿泊施設まで約1時間かけてのハイキングです。今回のハイキングは、田んぼや畑の広がる風景のなか、自然を感じながら気持ちよく歩きました。田んぼには、稲が植えられたばかりで、青々とした風景が広がっていました。
DSC04108.jpg DSC04114.jpg DSC04120.jpg


今回は、千葉県県立手賀の丘少年自然の家で1泊2日の日程です。
11:30に「手賀の丘少年自然の家」に到着。荷物をまとめ、オリエンテーション。施設の責任者から寝具のたたみ方、ゴミの出し方等の宿泊に関する説明を受けました。その後の開村式は国旗掲揚から始まりました。リーダーからの開村式の挨拶では、マダニ感染症の話題に触れ、スカウトはマダニにさされないかちょっと心配になったようです。
DSC04130.jpg


12:00より組に分かれてのカブ弁の昼食です。「おなかがすいなたぁ。」

昼食後、スカウト活動開始となりました。リーダーが6つのグループ活動に分かれ、①スカウトの基本動作、②歌の練習、③国旗掲揚、④ロープワーク、⑤キャンプファイヤー誘導灯作り、⑥世界の国々 のテーマで、既にできていることの確認、できなかったことをできるようにすること、知らなかったことの学び-をしました。6組のスカウトはローテーションで、約30分ごとに、各々のグループ活動で学んでいきます。ロープワークでは、うさぎで学ぶ8の字結びから、しかで学ぶ ふた結び、そして、くまで学ぶ えび結びまで挑戦しました。えび結びはちょっとむずかしかったかな。世界の国々では、「さがせるかな?世界の国々」で、地図とヒントを見ながら、国の名前を探しました。歌の練習は、今晩のキャンプファイヤーに向けての練習です。スカウトの基本動作では、しっかりとした動作ができているかの確認、国旗掲揚では、旗の上げ下げ、旗のたたみ方を学びました。

DSC04131.jpg DSC04132.jpg DSC04134.jpg


17:30からバイキング形式夕食です。スカウトたちは、しっかり食べました。
18:30からキャンプファイヤー、みんなで作った誘導灯を通りながら入場しました。
みんなで楽しく、歌ったり、踊ったりしました。昼間の歌の練習の成果はどうだったでしょう。そして、お楽しみのスタンツ。今回のテーマは「自然」です。各組スカウト、女性リーダー、男性リーダーのスタンツで、みんなで大笑い。短い時間ながら、歌や劇をしっかりと盛り込み、笑いのあるスタンツを考えました。これまでのキャンプの中でも最も素晴らしい出来で、隊長もリーダー達も感激でした。
DSC04142.jpg DSC04154.jpg DSC04162.jpg




19:45 お風呂です。大浴場で、部屋グループ毎での入浴です。
20:30 寝る準備、組長、次長会議 今日の反省および明日の活動予定の確認です。
21:00 スカウト就寝・リーダー会議となりました。

5月26日(2日目)
6;30 起床、各部屋の掃除
7:45 朝食、大きいリュックは移動です。
9:00 朝のラジオ体操。元気に体操します。そして春キャンプでの思い出の5・7・5を発表しました。
その後、リーダーによるスカウツ・オン、北野武の本からの星のお話です。「人はみんな自分の星を持っているんだ、いつだってひとりじゃないんだよ」主人公の少年が祖父とともに夜空を見上げ、亡き祖母を想います。この絵本は、ページをめくるのではなく、いくつにも折ってある紙を広げると1枚の大きな素敵な星空が広がっていくというものです。
スカウトたちは、眼をつぶって、夜空の満天の星を想い浮かべ、そして、このスカウトで仲間たちと出会ったことに感謝します。
DSCcs04189.jpg DSCcs04195.jpg


9:30 ボランティアガイドによるネイチャーゲーム。最初のゲームは「ノーズゲーム」で、動物や虫の名前を当てるものです。その答えは、モグラ、コウモリ、トンボでしたね。次のゲームは、葉っぱの違いを見極めての「葉っぱのカルタ取り」です。中には似た葉っぱもあり、なかなか難しかったのでは。最後は、「フィールドビンゴゲーム」、手賀の丘公園の森林のなかで、きれいな花、鳥の鳴き声などを見つけるものです。みんな見つかったかな。
DSCcs04209.jpg DSCcs04220.jpg


そして、待ちに待ったアスレチック。公園の中には、15個のアスレチックがあります。人気はターザンロープ。中には2周したスカウトたちもいました。
DSCcs04235.jpg DSCcs04246.jpg DSCcs04238.jpg



その後、閉村式となり、しっかりと国旗をたたむことができました。前日の活動の成果ですね。そして、宿泊所で昼食をとりました。帰宅の準備を整え、宿泊施設とお別れです。帰路で公園内を抜けて、おやつの時間。公園売店で、隊からのお小遣いをもらい、スカウトがおのおの好きなジュースやアイスクリームを買って休憩。そして、湖北駅まで、約1時間のハイキング。再びすがすがしい田園風景を眺めながら帰りました。
14:45 湖北駅発の成田線に乗り、日暮里駅乗り換え、池袋駅経由で、予定時間通り、16:00 小竹向原駅に到着しました。閉会セレモニーの後、16:30 には解散となりました。体調を崩すスカウトもいなく、楽しい春キャンプは無事に終了しました。
1 組リーダー(K.O)




スカウト2名からの原稿

  私は、5月25日から26日まで千葉県の手賀沼に行きました。
  一日目は、ロープワークやキャンプファイアーのための歌を練習したり、「ゆうどうとう」作りをしました。夕ごはんはいっぱい食べました。キャンプファイアーでは、組で練習したスタンツをやりました。
  次の日は、朝一番に朝礼をしました。隊長やリーダーのお話を聞きました。朝ごはんを食べてから、五・七・五の発表をしました。私の考えた五・七・五は、「楽しいな みんなをてらす ほのおのひ」です。
  そのあと、ボランティアの人たちがきて、葉っぱをあてるゲームや、森に行ってカードに書いてあるものをさがしたりするゲームをしました。私はきのこが見つからなくて残念だったけど、他のものは見つけられてよかったです。
  最後にハイキングをして帰りました。その日はつかれたので早く寝ました。つかれたけど、いろんなことをやって楽しかったです。
1組スカウト(M.S)

  今回の活動は春キャンプでした。
  泊まる所は、千葉県の手賀の丘少年自然の家という所でした。そこに着いたら、国旗けいようなどの練習をしました。一回目は旗が落ちて、二回目はひもだけが落ちて、三回目にちゃんと出来ました。ぐうぜんだったので、笑ってしまいました。
  その後、ペットボトルを使って誘導灯を作りました。時間が無くて少ししか色をぬれなかったけど、夜とても綺麗でした。
  次の日アスレチックやネイチャーゲームなどをして、帰りました。
  とても楽しい春キャンプになりました。
1組スカウト(J.K)

DSCcs04184.jpg


<次はみらい科学館へ>

PageTop

飛行機の整備工場へ見学に行きました

 飛行機が空を飛ぶ姿は見たことがあると思います。でも、飛行機を間近で見たことはないかと思います。そこで、今回の活動は飛行機の整備工場を見学して、飛行機の知識を得るとともに、大人が働く姿を見ることにしました。場所は羽田にある日本航空の整備上です。
 午前9時に江古田駅北口公園に集合しました。みんな乗り物が好きなのか、整列をしたり開会セレモニー中もいつもと少し違い気合が入っているようでした。
 きょうの工場見学は、午後からということもあり、セレモニー終了後は近くにある北新井公園に移動し、そこで少し遊びました。みんな遊ぶというと、何かのスイッチが入るようで、公園内で思い切り身体を動かしていました。
 お天気も良く、およそ1時間、気持ちよく身体をほぐし、新江古田駅から電車に乗って中継地点である大門駅へと向かいました。

DSCN1006.jpg DSCN1007.jpg

 大門駅から増上寺方面へ。少し早いのですが、港区役所前の広場で昼食をとることにしました」。いつもだとみんなでおしゃべりしながら楽しく昼食をとるのですが、これから本日のメインイベントが控えているためでしょうか。

DSCN1008.jpg DSCN1009.jpg

 昼食を終えて浜松町駅へと向かいました。今日は芝公園で何かイベントがあるのでしょうか。のぼりを持った方々が、たくさん公園方面へと向かっておりました。
 浜松町駅からは、スカウトお待ちかねモノレールの乗車です。普段電車には乗りなれていると思うのですが、モノレールは別らしく、駅を出てすぐ高いところを走るのですが、周りに壁もなく空を飛んでいるように見える光景に、スカウトたちは外をずっと見ておりました。

DSCN1012.jpg

 20分ほどで新整備場駅に到着しました。時計を見てみると1時10分前。みんなあわてて整備工場へと向かいました。整備工場で受け付けを済ませてミーティングルームへ。そこで30分ほどの講義です。担当の方が日本航空が保有する飛行機の種類や飛行機を飛ばすための翼の形状やスピードについて丁寧に説明してくださいました。そのあとは記念撮影大会です。用意していただいたパイロットの制服や工場での作業着を着て各々記念写真を撮りました。
 しばし休憩の後、いよいよ整備工場へと向かいました。最初は点検中の飛行機をすぐそばで見せていただきました。ここでは塗装の塗り替えや、機内にあるすべての機材を交換する作業を見ることができました。新しいファーストクラスのシートからトイレに至るまで、飛行機の外に置いてある機材は不思議な感じがしました。次の現場では、アメリカから届いたばかりの飛行機の点検作業をしておりました。また、これから整備を受ける飛行機が丁度格納されるところで、大きな飛行機が近くに来る光景は圧巻の一言でした。
 ひととおり説明をいただいた後、飛行機の着陸光景を見学しました。時刻は午後2時くらいだったのですが、それでも2分おきに着陸する飛行機を近くで見られて、スカウトたちはとても楽しそうでした。
 2時半になり担当の方にお礼を言って整備工場を後にしました。そこから電車を乗り継ぎ江古田駅北口公園で解散セレモニーを行い、解散しました。
 次回の活動は、星空観察と近所を散策します。

PageTop

『走って! 汗って! 大笑い!! 練馬5団勢ぞろいの大運動会』

 5月12日(日)、心配した前日の雨も上がり、眩しいほどの太陽の日差しが降り注ぐなか、
我ら練馬5団の『大運動会』が行われました!
 今回、会場としてお借りした『力行幼稚園』の園庭に、わずかに残った水たまりに砂を撒き、補修したところで、スカウトたちに集合~の声。副団委員長の挨拶を皮切りに、”セレモニー”~”ラジオ体操”と、軽く身体をほぐします。そして、カブ隊の組を基本にビーバー隊とボーイ隊、さらにはベンチャー隊も加わり、縦割りで班を編成。6班に分かれて競技ごとに順位を競い、総合得点で優勝をネラいます。
 今日の参加は、総勢73名(スカウト)と大所帯!! そこに48名のリーダー&保護者が加わり、ときには応援団として黄色い声援を送り、ときには助っ人として競技にかり出され、各々真剣勝負を繰り広げりこととなりました。
DSC03049.jpg



 さぁ、いよいよ競技開始! キラキラの蝶ネクタイを付けた実行委員のリーダーたちによる、最初の競技の説明が始まりました。
 各班の班長を務めるのは、ボーイ隊です。頼もしいベンチャー隊の兄さんスカウトとも相談しながら作戦を練ったり、順番を決めたり、ビーバーさんにルールを説明したりと大忙しです。一方、すでにやる気満々なのは、カブ隊の面々! 最終競技を待たずして、早くも”マジ(本気)モード”全開です。――はたして、どの班が優勝するのかな? 
DSC03083.jpg
 


競技1 『ロープdeポン』
最初の競技は、ボーイスカウトにとって欠かせない道具のひとつ、”ロープ”を使います。まず、輪に結んだロープを投げて、その輪の中にスカウトたちが入り、全員入ったら、また輪を投げて進んでいきます。今日初めて顔を合わせたスカウトもいるなか、いきなりチームワークが試されるこの競技。ビーバーさんに声かけする先輩スカウトたちの姿が、なんともいじましい…。
DSC03104.jpg



競技2『カニの二人三脚』
二つ目の競技は、名前の通り、二人一組になって行う”二人三脚”。ただし、背中と背中をくっつけた姿勢で足を結ぶので、歩く姿はまさに”カニカニ”。ちょこちょこ跳ねたり、リズムをとりながら慎重に進んだり…、どの組も工夫が見られました。急ぐあまりに転倒してしまった組もちらほら。下敷きになったスカウト、大丈夫だったかな?
DSC03138.jpg



競技3『ボールぴょんぴょん』
この競技は、中央に置かれた箱の中からボールを一つを選び、足の間に挟んで”ぴょんぴょん”跳びながらゴールを目指します。つるっつるのビーチボールやイガイガのついたキャンディボールなど、「どのボールを選ぶかが、ポイントだね」なんて会話が飛び出した最中、大きくて重そうなバスケットボールを選んだスカウトに、班のみんも「???……」。首をかしげるシーンも。――そう、好みは人それぞれ!ってことですよね。
DSC03164.jpg




競技4『万歩計競争』
”万歩計”を腰につけて、30秒間走ったり動いたりして、たくさん歩数を稼いだ方が勝ちというシンプルな競技。でもいざ始めてみると、実に30秒が長い!! 「あんなに走ったのにこれだけ?」と肩を落とすスカウトや、怪し~い動きで爆笑をかう保護者も続出。中には、100歩を超えたスカウトも!
DSC03412.jpg
 


全員参加競技『パンくい競争』
そろそろお腹もいい感じで空いてきたところで、午前の部、最後の競技となった『パンくい競争』。スカウトもリーダーも、保護者のパパもママも…、次々と揺れるあんぱんを目指して駆け寄ります。これだけの人数が一心不乱にパンをほうばる様子は、まさに圧巻。その場で食べたり、そっとポケットにしまったり。ちょっぴり嬉しいごほうびタイムとなりました。
DSC03432.jpg



――と、ここで<午前の部>は終了!お昼休憩へ。 
各自、トイレと手洗いを済ませ、今日一日だけの特別班に分かれての昼食です。お弁当はいつもの”カブ弁”だけど、一緒に食べるメンバーが違うと、とっても新鮮。一味違ったおしゃべりで盛り上がっていました。さて、午後の部はどんな競技が待ってるかな?


競技5『わっしょい綱引き』
お弁当を食べてパワー注入!<午後の部>のスタートは、運動会の定番『綱引き』です。スカウト整列し、…ここで、特別ルールの発表~。なんと、点数の低い班の方から”大人の助っ人”を自由指名できるとか。この選択が、吉と出だか。凶と出たか…。はてさて、白熱の結果は?
DSC03527.jpg



*全員参加による、キャンプファイアーソング♪
ボーイスカウトといえば…、”キャンプ”が不可欠!というわけで、参加者全員がひとつの輪になって、キャンプ本番さながらの雰囲気で、キャンプファイアーソングを大合唱です♪特に、普段キャンプに参加できない保護者やビーバースカウトたちは、この勢いに驚きながらも一緒に歌って踊って、笑って、楽しいひとときを過ごしました。そう、キャンプの夜はこんな感じなの…です(笑)。
DSC03557.jpg



競技6『東京ス缶ツリー』
今日6つ目の競技は、”空き缶”を使ってタワーを作る、その名も『東京ス缶ツリー』。5分間で、順番に缶を積んで高さを競います。缶を積む場所や積み方…など、班ごとの作戦がものをいうかも? 最後の最後で、風が一吹き~。せっかく積んだ缶が一気に倒れ、今までの努力が水の泡(泣)…なんて、かわいそうな班もありました。
DSC03660.jpg



競技7『本気(マジ)リレー』 
本日最後の競技は、班全員でバトンを繋ぐ、文字通り、ガチンコ対決の『本気(マジ)リレー』。走る順は背の順、ということで、第一走者はかわいらしさいっぱいの”ビーバースカウト”たちです。リーダーの合図でスタートすると、会場中に大声援が巻き起こり、次々にバトンが手渡されます。途中、バトンを落としたり、渡す相手がわからなくなったり。ハプニング多発!にも関わらず、ビーバーからカブへ。そしてボーイ&ベンチャーへと、どんどんスピードは増して…。最後まで、目のはなせないデッドヒートが繰り広げられました。本気(マジ)で、ドキドキした~!!!
DSC03921.jpg

  


 <練馬5団>では、毎年この時期に、団全体で活動する『団ボリー』を開催してきました。過去には、”たけのこ堀り”や”地引網”などの活動も行いましたが、今年はちょっと趣向を変えての『運動会』。まだ寒さの凍みる頃に各隊のリーダーで”実行委員会”を組織し、こつこつと準備を進めてきただけあって、今日のスカウトたちの笑顔や頑張る姿は、リーダーたちへのなによりの賛辞になったかもしれませんね。
 全部の競技を終えて、リレーの興奮も冷め遣らず発表された成績発表に一喜一憂するスカウトたち。その表情は、とても輝いていました。スカウト同士、年齢を超えて労わりながらフォローしたり。ちょっかいを出してじゃれあったり。出される指示を憧れの眼差しで聞き入ったり…。いたる所で交わされた、年齢を超え、隊を超えての交流! やっぱり、いいですな!!
DSC04025.jpg



 
6組デンリーダー M・I



 ぼくは、運動会を、やりました。ぼくは、リレーをしたのが楽しかったです。そうごうとくてんで一位になりたかったけど、四位でよかったです。
6組 うさぎ I.A


 私は大運動会の前の日に雨がふったのでできないと思いました。朝おきたらはれていたのでほっとしました。
『まじリレー』でとくにがんばったのでとく点を聞く時に「かてたらいいな」と思いました。だけど5位だったのでくやしかったです。
またいつかがんばりたいです。
6組 うさぎ M.O


 ぼくは、5団の大運動会が、初めてだったので、ちゃんとできるかなときんちょうしていました。
 でも、参加してみると、一つ一つの競技が、とてもよく考えられていて、楽しかったです。
 前半の競技では、二人三脚でバランスをくずして転んでしまって悔しかったです。その時に、足を少しくじいてしまいました。
 万歩計の競技では、体を大きく動かす方が、得点がとれることがわかったので、大きく、足ぶみをしました。
 後半のリレーでは、もっと速く走りたかったのですが、足をいためていてスピードが出せませんでした。
 前の日は雨でしたが、この日はかい晴で、暑いぐらいでした。
 来年の大運動会が楽しみです。今度は一位になりたいです。
6組 しか T.S


 5月12日に、5団の合同運動会がありました。私が、一番楽しかったのは、『ボールぴょんぴょん』です。色々な種類のボールがあって、一人一人選ぶ物がちがって、見ているだけでおもしろかったです。
私は、イガイガボールをねらっていました。みんな、そのボールを使っていたので、ドキドキしました。バスケットボールやビーチボールを使ってる人がいて、むずかしくないのかなっと思いながら自分の番を待っていました。やってみると、思ったよりむずかしくて、たいへんでした。
 プログラムの全部が楽しくて、5月12日の運動会は、とってもよかったです。また、やりたいです。
6組組長 くま H.Y




*次回の活動は、お待ちかね!の春キャンプ。
『千葉県立手賀の丘少年自然の家』 へと向います。

PageTop