ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

冬のハイキング

 練馬5団では、毎年2月になるとナイトハイクを行います。ビーバー隊も参加しますが、急に長い距離を歩くのは無理なので、この時期足慣らしも兼ねてハイキングの活動を行うこととしております。今年は目的地を飯能の「あけぼの子どもの森公園」に設定して、加治丘陵を散策することにしました。
 午前9時に小竹向原駅に集合しました。いつもならここで朝のセレモニーを行うのですが、電車の時間が迫っているため現地で行うこととし、すぐさまホームへと向かいました。この時期ハイキングに出かける方も少なく、電車は途中駅から貸切状態のようでした。

1359327123002.jpg

 10時少し過ぎに出発点の仏子駅に到着し、さっそくハイキング開始です。途中までは長い坂道で、電車の中で元気だったスカウト達も急に言葉少なになりました。

1359327124759.jpg

 駅から20分ほど坂道を登り、坂道がひと段落する旧サイクリングロードの広場で開会セレモニーを行いました。セレモニー兼休憩を終えるとスカウト達は元気百倍となったのでまた歩き始めました。ここのコースは林の中を抜けていくコースであり近隣の方々もたくさん歩いており、見知らぬ人同士でもそこであいさつを交わしながら歩いているので、スカウト達にもあいさつをしながら歩くようにしました。最初は戸惑っているようでしたが、歩いている方々からあいさつされるととてもうれしいようで、自分から進んであいさつするようになりました。また、リーダーや仲間たちと楽しそうに会話をしながらコースを歩いている光景はとてもほほえましく感じました。
 およそ1時間ほどで休憩地である桜山展望台に到着しました。ここは桜の木がたくさんあり、花の咲く時期はとてもきれいであろうと思われました。展望台に上がると、富士山がとてもきれいに見え、なんとスカイツリーまでも見ることが出来ました。スカウト達も歩いてきた疲れがいっぺんに飛んで行ってしまったようでした。

1359327129445.jpg

 目的地までもう少し、今までは舗装された道でしたが、これから先は舗装炉もありますが本当に山の中を歩くような感じです。みんな一列になって黙々と歩いています。最後の難関である急な下り階段を下りて、12時にあけぼの公園へ到着しました。

1359327130401.jpg

 まずは昼食です。久しぶりに歩いたのでみんなおなかぺこぺこのようでした。陽だまりを見つけてレジャーシートを広げておしゃべりしながら楽しい昼食時間となりました。

1359327132307.jpg

 この公園には様々な建物があり、そこを探検するのが楽しいので、昼食時間はいつもより少し短くして園内の建物探訪をしました。最初は森の家へと向かいました。ここは天井が高くひろびろした感じの家です。どの建物もそうなのですが、スカウト達の感想とリーダーの感想は全く違うもので、スカウト達は「どんなふうに遊ぼうか」を考えており、リーダーは「こんなメルヘンチックな家で住みたい」と現実的な考えです。
 続いてこの公園のメインであるムーミン屋敷へ入りました。中では暖炉に火がともされ、ロマンチックがあふれておりましたが、スカウト達は炎よりも秘密基地のような建物内のほうに興味があるようで、それぞれ思うところをいろいろ探検しているようでした。
 その後は公園内の散策です。池の真ん中にある小屋に全員で入ったり、矢倉に登ってみたり、滝を見に行ったりと満喫しているようでした。
 1時半を過ぎたので、そろそろ帰り仕度です。仏子駅に向けて20分ほど歩きそこから西武線へ。小竹向原駅に到着し、解散セレモニーを行い午後3時半に解散しました。
 次回は冬の祭典アイススケートに挑戦します。
 

PageTop

ことみ隊長のひとりごと

あけまして おめでとうございます!
今年も楽しく活動していけるよう 頑張ります。

今日は、ふくらはぎが 激筋肉痛。
昨日まで スキー訓練キャンプに行っていました。

スキーについては、後日アップされると思います。

さて、
昨年11月に練馬地区のリーダー勉強会があり、そのテーマが「キャンプファイヤー」
私の大好きな分野でもあり、とっても楽しみにしていました。

キャンプファイヤーは、ほぼ見よう見まね・・地区円卓で教えていただいたり、隊長ハンドブックやキャンプについての本を読んでみたり。他の隊の某隊長に手伝って頂いたりしてなんとかやってきたけれど、その中の「スタンツ」については なんとなくみんなが楽しく盛り上がればいいなあ。くらいの考えでした。

勉強会での副コミッショナーのお話は目からうろこ。

スタンツとは・・・
・演出効果を高める(キャンプファイヤーの)ための寸劇。
・自分たちで演出を考え、演じることにより組の一体感をうむ。
・ミュージカル調、手作りの踊り、パントマイム、簡単な替え歌など。

ポイントは、
・全員が役を持つこと。
・ポイントの台詞を決めれば、あとはアドリブでよい。
・具体的なテーマを決めてあげる。
・歯切れの良い展開にするように(グダグダにならない)起承転結をつける。←オチ
・ふりを 大きくする。

ふむふむ。お話を聞きながら
「スカウトには、テーマしか与えてこなかったのに よくあれだけのスタンツができたなぁ。すごいな。子供たち。」と、逆に感心してしまいました。

教えて頂いたからには、伝えないとっっ。

次の活動、クリスマス準備で これをわかりやすく教えられるよう準備をして活動に行きました。
私と副長3名で デモンストレーションをしたのですが、直前に伝えたにも関わらず副長たちの役者ぶりにはとても感動しました。
スカウト大爆笑!  つかみはOK(笑)

なんとなくでも 伝わったかな?

そしてそして・・クリスマス礼拝の当日は 午前中に礼拝があり、ボーイ隊による聖劇が行われました。
昨年までカブ隊にいたスカウトが とっても立派に聖書を読み上げ、台詞を言う姿を見て 思わず涙。

さぁ、お楽しみ会でカブ隊の出番です!
どうだったでしょうか?!
その後の、アクションソング、手話ソングは みんなの姿を見て、たくさんたくさん涙が出てきました。

「隊長ー。なんで泣いてたのぉ~。」
「あたしたちのこと 見てないてたでしょ~。」だって。
あなたたちがかわいいからに 決まっているでしょう。


昨日のスキーキャンプで、あるスカウトと一緒にリフトに乗った時のこと。
高い所でリフトが止まり、私が
「リフトが止まった時の この揺れが怖いんだよね」と言うと、
「隊長、目をつぶると 空飛べるんだよ」
「え~・・(汗)怖いし。やだよ。絶対 目 開けてるし」
「あのね、ブランコで いっちばん高くまで立ちこぎして 目、つぶると ピーターパンになれるんだよ。ピーターパンになって空、飛べるんだよ。」
って。なんてかわいいんでしょう。

スキーでは、雪に埋められたり、首の中にまで雪を入れられたり ムチャクチャされることもあったけど、それはそれ(笑)

11月から続けてきたボーイ隊との合同活動もこのスキーキャンプでより内容の濃いものとなりました。
スキーキャンプも無事終わり、次はボーイ隊合同ハイキング。

これからも、充実した活動を送れますように。

*今日は、諸事情により少々寝不足。文章のつじつまが合ってないかも・・ごめんなさ~い。

PageTop