ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

さよならパーティー

 早いもので、昨年の9月から始まった今年度の活動も今回で最終となりました。今年もいろんなことをして楽しく遊んだと思っております。今年度最後の活動は、みんなでお別れパーティーをすることにしました。
 午前9時にガブリエル教会に集合。あれっ…隊長は? 深いことは考えずに今日の会場である旭丘集会所へと移動します。朝早いのに夏の日差しはパワー満タンに降り注いできます。
 歩くことおよそ10分で到着し、集会所内で朝のセレモニーを行いました。セレモニーの後、会場設営をみんなで行い工作を作ることにしました。今回は牛乳パックを使った「竹トンボ」を作ることにしました。作成は簡単なのですが初めて作るため、まずは練習機を作りました。牛乳パックを展開し、側面1枚を半分に切り分け、切り分けた用紙を半分に折り、あらかじめリーダーに先を半分に切っていただいたストローに差し込み、そこをテープで巻きつけたら完成です。両手のなかでストローを回すと、自然に牛乳パックで作ったプロペラが開き、地上に向かってゆっくり降下していきます。基本はここまでですが、みんなで練習機のカスタマイズを始めて、翅の先端を丸くカットしたり、翅に角度をつけたりとオリジナルあふれる竹トンボを作成していました。

DSCN0800.jpg  DSCN0801.jpg

 飛ばすことにも慣れてきたので、いよいよ本番機の作成です。今度は羽の部分にそれぞれ色を塗って、回った時きれいに見せるようにしました。着色には皆それぞれ強い思い入れがあるみたいで、みんな真剣な表情で羽部分と向き合っております。1人2人と出来上がったようで、各々テスト飛行を繰り返しております。
全員が出来上がりテスト飛行を終えたところで、競技に入りました。内容は少し離れたところに椅子を置き、そこに直陸させるというものです。うまく着陸できた場合にはお菓子の神様からアメがもらえるという特典をつけたところ、スカウトたちの表情が一変し、気合いが入ったようでした。最初はなかなかうまく着陸出来ませんでしたが、そこはスカウト。あっという間に全員クリアとなりました。

DSCN0802.jpg  DSCN0803.jpg

 次の工作は「うちわ作り」です。牛乳パックを丸く切り色を塗って重ねると完成です。これからまだまだ暑い日が続くと思われるので、今後の活動に持っているといいかなと考えました。2枚とも夏らしい絵を描いて、それを張り合わせて出来上がりです。水性ペンで書いたのですが、みんな指先までカラフルになっておりました。
 工作も終わり、部屋を片付けて昼食としました。いつも外での昼食ばかりなので、テーブルで食べるおにぎりがなんか不自然のように感じられました。

DSCN0804.jpg  DSCN0805.jpg

 昼食の後は、お待ちかねさよならパーティです。1年間の活動で今日だけという豪華なおやつを囲みながら、今年度の活動を振り返ります。スカウトもリーダーもみんなで活動を振り返り楽しいひと時を過ごしました。
 その後、カブに上進するスカウトとリーダーに記念品を渡し、木の葉章、小枝章を授与し、最後のセレモニーをして午後2時に解散としました。
 今年1年間もたくさん思い出に残るような活動を心がけておりました。天候などの理由により多少思い通りにならないこともありましたが、楽しい活動であったと思います。来年度は今まで以上にパワーアップしてよりよい活動をしたいとリーダー一同思っておりますので、この活動に興味のある方々もぜひ一度ご参加くださいますようよろしくお願いします。
 また、リーダーを始め関係者の方々ありがとうございました。

PageTop

公園で遊ぼう(その2)

 今回は隊長のぼやきから…。確か暦の上では大暑のはずなのになんだろうこの涼しさは!
 今回の活動は夏を満喫するため水遊びを中心に公園で遊ぶというものでした。ところが、空を見上げると厚い雲がお日さまを遮っており、とても涼しいというより少し肌寒い気温です。とりあえず目的地に着いた時の天候次第ということで今回の活動をスタートしました。
 午前9時に小竹向原駅に集合。スカウト達はみんな夏休みに突入しており、リラックスモード全開です。体験者の照会をして開会セレモニーを済ませ9時半に小竹向原駅を出発。今日の目的地は北区にある「清水坂公園」です。池袋駅で乗り換え十条駅へ。ここから都内でも有名な商店街を抜けて目的地に向かいます。途中ではお祭りの準備で、お神輿がでておりました。

DSCN0715.jpg

およそ15分で清水坂公園に到着し、まずは園内にある「自然ふれあい情報館」でお勉強です。今日はかぶとむしのビデオを見ながら生態を学びました。その後は2組に分かれて館内の見学と隣接する自然観察園での観察を交互に行いました。自然観察園内では係の方々の親切丁寧な説明を受けて、自然に興味がわいてくるような気持ちになったみたいでした。

DSCN0716.jpg DSCN0717.jpg

DSCN0719.jpg

 11時過ぎに係の方々にお礼を言って情報館を後にし、続いて園内の人気スポットでもある巨大ローラー滑り台で遊ぶことにしました。
 滑り台では、どうすれば早く滑り下りてくることが出来るか考えながら滑ってくるスカウトや、みんなで仲良く大きな声で笑いながら滑り降りてくるスカウト等、各々の個性を発揮しながら滑り台を楽しんでいるようでした。また、滑り台に飽きたスカウトは降り口付近にあるブランコを一心不乱に漕いでおりました。

DSCN0725.jpg DSCN0726.jpg

 滑り台いで遊んでいるうちに12時となってきたので、みんな楽しみにしている昼食にしました。空模様は相変わらず雲しか見えませんが、それでも先程よりは少し暖かく感じられます。

DSCN0728.jpg

 みんなが昼食を取っているうちに、さりげなく着替え用のテントを設営し、またさりげなく水に入れる格好をして、持参していた水鉄砲に水を入れ準備完了。食事が済んだスカウト達にさりげなく水をかけて気持ちを水遊びに切り替えさせます。最初は雨かと思っていてスカウトも、どうも水の飛んでくる方向が上からではないことに気が付き、そこから水遊びが出来るような格好に変身していきました。
 そうこうしているうちに全員食事が終わったので、水着に着替え水遊び開始です。最初は足首までしかない場所で、水の感触を楽しんでいます。ところが、隊長がみんなに水をかけまくるものですから、気が付いたらみんなびっしょりになっていました。続いて、上流の滝があったり水が少したまっていたりと、冒険心をくすぐるエリアへと移動しました。そこでは、水鉄砲を使ってお菓子をゲットするゲーム等いろいろなことをして遊びました。しかし、やはり天候にはかないません。

DSC04659.jpg DSC04637.jpg

DSC04642.jpg DSC04647.jpg

DSC04649.jpg DSC04654.jpg

DSC04657.jpg

 少しずつ水から上がるスカウトが増え、およそ30分ほどで水遊びは終了となりました。着替えを済ませ、その後は楽しいスイカ割りです。最初に行ったスカウトが見事スイカに命中。みんなも右だ左だと楽しそうに指示を出しております。終わった後はみんなで美味しくスイカをいただきました。

DSCN0730.jpg DSCN0731.jpg

 気が付くと午後2時を回っており、そろそろ帰り支度を始めます。帰りはバスを使い小竹向原駅へ。そこで解散セレモニーを行い、午後3時少し過ぎに解散しました。
 次の活動は地区キャンポリーです。

PageTop