ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

【カブ隊】キャンボリー実踏 in 山中湖

キャンポリー実踏 in 山中湖

5団が団ボリーを行った前日(5月19日)から、
8月に行われる練馬地区キャンポリーの実踏に1泊で行ってきました。
出発から事件が・・

前日、お仕事終わりが12時だった私は眠ったのが午前2時半すぎ。
山中湖まで 練馬地区カブ部門のコミッショナー
(会社でいう上司?学校でいう先生?とにかく頭が上がらない方です。)
の車に同乗させていただくことになっていて、練馬駅に 6時集合。

起きられるかが不安だったので、携帯アラームを4時にボリュームMAXでセット。

・・・しかし、目を覚ましたら、な・な・なんと、5時50分!!
「ぎょえーーーー!!」  とにかく ベッドの上でそのまま コミにTEL。
「30分くらい 遅れます・・」と。
「いいわよ。住所言って!迎えに行くから!」って・・

猛ダッシュで準備をしていた時に ピンポ~ン♪と。
車に乗り込み出発したところで 「ネッチ 忘れた~!!」
仕方なく家に戻っていただき、
またまた 猛ダッシュでネッチを取りにいきました。トホホ・・・

そんなドタバタで出発した訳ですが、
また コミの運転のすごいこと。
怖いものなしですよ。
他の車がピーといおうが プーといおうがおかまいなしです。
さすが コミ。

事故渋滞があったり、道を間違えたり
(私の遅刻のせいもあります。ごめんなさい)で 
予定時間より少し遅れて到着。

キャンポリーで登る明神山、三国山をハイキング。
コミと15団17団のカブ隊長と一緒です。
「ことみちゃんの登る速さで スカウトの一番遅い子のペースがわかる」と言われながら、
一生懸命ついていきました。
ハイキングは 嫌いじゃないけど 苦手です。

「そんなに苦手なのに毎回2回(実踏と当日)登るなんてすごいね!
50キロも完歩したよね!すごいね!」
と、お褒めの言葉を頂きました。・・・子供をほめるみたいな・・・

その後、宿へ挨拶と少々打ち合わせをし、野営場に戻り報告会と懇親会。
報告会と懇親会では、カブ隊長は もちろん、
他部門の隊長さん達も沢山いて、
普段お話したことのない方達とコミニュケーションがとれて
とってもとっても 楽しい時間を過ごすことができました。

前日、3時間ほどしか寝てない私は、寝袋に入った途端 バタンキュー でした。

2日目は、野営場で全体ゲームの打ち合わせなどをしました。
朝礼でやった朝のゲームはさすが 全員隊長だけあって 超盛り上がりました。
楽しかったぁ~♪

8月3日~6日は リーダーにもスカウトにも心に残る 
サイコーのキャンプになるよう またまた頑張っちゃいますよ!

あ、そうそう、6団のカブ隊長さんが 
大の嵐ファンで、嵐が訪れたほうとうやさんで ほうとう 食べて帰ってきました。

ことみ隊長のキャンボリー実踏報告でした
8月3日から6日まで3泊4日のキャンプ
楽しそうですね。
天気に恵まれますよう
みんなが健康で参加できますように…

そうそう、ことみ隊長が早く起きられますように…

PageTop

【カブ隊】春キャンプ in 越生

カブ隊活動第18回

5月12日(土曜日)~5月13日(日曜日>

一泊二日で春キャンプを行いました。
今回のキャンプは、天気にも恵まれ、夜は美しい星を見たり
組ごとにデン作りをメインに仲間が力をあわせました。

★1日目
小竹向原駅集合、東武東上線に入り、越生駅まで向かいます
越生駅から大高取山山頂を通り、ゆうパーク越生をめざします

【越生駅】

越生駅


【駅近くの神社へ向かいます 神社で準備体操】

IMG_5221_convert_20120528222422.jpg 越生スタート


【世界無名戦士の墓】

途中、世界無名戦士の墓を通ります
昭和29年、戦没者を供養するために
世界60余か国、250万以上の英霊が
安置されています。
この日はちょうど、年に一度の戦没者追悼式
  (5月の第二土曜日に毎年行われる)
花火が打ち上げられていました。

無名戦士 階段


【山の中腹で】

みんなで休むのにちょうどよい岩がありました。
サル山?ウキー

さる休憩中

【大高取山頂上】

標高376Mの大高取山、頂上は
「うん?ここが頂上?」と言わんばかり
何もないところでした
秋から活動を続けているカブ隊にとっては
いつもより楽に感じられたはず…

頂上だよ

【桂木観音】

桂木観音からの絶景
ゆうぱーく越生まであと少し

桂木観音

【ゆうパーク越生  今晩とまるパオ】

モンゴルなどに住む遊牧民の移動式テント「パオ」
パオに今回泊まりました
今回は3つのパオに、女子、男子2班と別れて宿泊
天井がとっても高くできていました。

パオです  これがパオ

【デン作り】

キャンプのお楽しみ
各組でデンをつくりました
デン?
デンとは
けものの「巣」を表す言葉でカブスカウト隊で使用する言葉です。
カブスカウト隊における活動単位である「組」のある場所を指します。
そのことから組そのものをもデンということもあります。
デンリーダー、デンコーチなんて言葉も使われますよ。

今回は1組~4組それぞれの組ごとにそれぞれが個性的なデンを
作ってくれました。



1組デン 2組デン

3組デン 4組デン

デン リーダー にっくとゆみ



【ふぐやゲーム】

夕食までの時間、組大綱でふぐやゲームで遊びます
ふぐ、お客さん、調理人に分かれるゲーム、楽しかったですね

ふぐゲーム  ふぐゲーム②

【キャンプファイア】

キャンプファイア

【スタンツ】
お題は自然

1組スタンツ 2組スタンツ
3組スタンツ


★2日目

【朝食前 広場に集合】

6時45分に集合
朝礼とラジオ体操
緑の芝生がきれいな広場でした

朝礼  朝の体操

朝食の時間まで
よつばのクローバーをさがす子供たちや鬼ごっこをする子供たち

朝の風景① 朝の風景②

四葉 幸せみつけ


【朝食風景】

3組朝食  4組朝食

【広場へ  風船割りゲーム】

風船割りゲーム 風船割りゲーム2


子供たちの作品です

春キャンプでは
思い出の五・七・五 感動の五・七・五・七・七
キャンプで思ったこと、感じたことを表現してもらいました

1組

  春キャンプ パオにとまってぐっすりと
    あさにおきたら くうきがおいし ( たけみ )

  春キャンプ パオの家でも たのしいな ( ゆい )

  春キャンプ おもいでいっぱい 作れたよ ( りんたろう )

  春キャンプ すごくたのしい 春キャンプ ( しゅんた )

  春キャンプ いろいろあって たのしいな ( だいと )

  春キャンプ みんなで1泊 たのしいな ( はなえ )

2組

  上向いて パオの中から いいけしき ( はな )

  夜の空 きれいな星で いっぱいだ ( たつる )

  春キャンプ キャンプファイア たのしいな ( てつや )
    
  デンづくり みんなでつくって うれしいな ( ともか )

  もりのなか みんなで でんを つくったよ ( あお )

★3組★

  春キャンプ みんなで緑を まんきつだ ( りょう )

  ハイキング すごくつかれて体力X ( じん )

  カブたいは うごいてげんき たのしいな ( しおり )

  山のぼり ツカレテ つかれて かたこった
      首も 足も どこでもこった ( たける )

  デン作り みんなでつくって たのしいな ( れいみ )


4組

  今回の キャンプはすごく 楽しいな ( はやと )
  
  ゆうパーク よるのあかりにうかんでる トーテムポール 
     ちょっとこわい  ( なつ )

  まえの日に ドキドキしたよ 春キャンプ
     すごーく楽しい 思い出いっぱい ( たいき )

  デン作り みんなで作って 楽しかった ( けんた )

  さむいけど たのしいキャンプ またいこう ( かほ )


ことみ隊長からの一言

春キャンプ
今回の春キャンプは、どうしても デン(巣)作りをしたくって 
少し贅沢なゆうパークおごせのパオに宿泊しました。

ゆうパークおごせは、パオのそばに ハイキングコースがあり、
その森の中をお借りすることができ、1日目デン作り、
2日目撤収と2日間ではありましたが 
それぞれの組がステキなデンを作ることができました。

本当は、2泊~3泊中に少しづつ作っていくのが理想ですが・・・それはまた次回に。

そして もう一つ。
キャンプ研修会、WB研修所で吸収してきたことを 
副長さん達に思い切り発揮してもらうこと!
ハイキング、キャンプファイヤーを、井村副長中心に副長、デンリーダーで進めていただきました。
いつもは 周りを気にする余裕がなく、
果たしてみんな楽しんでくれたかな?と終わった後にふと思うことがありました。

違う角度から見たスカウトは、それはそれは 楽しそうで・・
キャンプファイヤーの時は、副長、デンリーダーの頑張りに涙が出てしまいました。
これからの 活動にも期待です。

みんなで楽しみながら活動していきましょう。
そういえば、手を上にあげ、キラキラさせるだけの
「キャンプだホイ」のところでふくらはぎの肉離れをおこした中島副長、大丈夫だったかしら?

あっという間に 肉離れの「ニック」という ニックネームがついてしまいましたね!(笑)


●次回は団ボリー
 5団全員で、地引網にでかけます
 楽しみですね~







PageTop

【カブ隊】特別編 上進キャンプ

特別編 上進キャンプ  
 4月28日 29日 

上進キャンプ
くまスカウトがボーイ隊に進むための登竜門
カブとボーイの違いに驚き、憧れ、前に進んでいく大事なキャンプに
3人のスカウトが参加しました。

リーダーたちは、くまスカウトがどんなふうに参加してくるのか
心配と不安といやいや信頼して送り出します。

出発だぞ


3人のくまスカウトから感想です

僕は、4月28日から29日の間に上進キャンプをしました。
ボーイスカウトではさいしょのテント泊でした。
朝は8時30分に集合して、キャンプ道具のじゅんびをしました。
そのあと、江古田駅から西武線に乗り武蔵横手まで行きました。
車内では、夕食と朝食、昼食のメニューをみんなで考えました。
びっくりしたことは、ごはんを自分たちで考えて作ることです。
夕食はポトフと味のり、ごはんでした。
 
武蔵横手からけいめいそうの近くのキャンプ場までの道は、
急坂で昨日の雨ですべるのできつかったです。
お昼を食べたあと、テントを作りました。
ぼうを立てたり、中に入ってすなを取ったり大変でした。
楽しかったことは、きもだめし?です。
山の中腹から北向地蔵まで、2人ずつ、5分おきに歩いてお参りしました。
戻ってきて、クラッカーの上にチーズをのせたのを食べました。
おいしかったです。

        デザート

ボーイ隊は大変なんだなと思ったけど、
一番よかったのは、お兄さんやお姉さんが、ていねいに教えてくれたことです。
早くボーイ隊に入りたいです。

      ( たけみ )

たけみ良い顔  火おこし練習

   ★ ボーイ隊の先輩たちがやさしく教えてくれてよかったね
           たけみもがんばってやさしくて頼れる先輩になってね ★

テントで寝るのは初めてだったけど良く寝られてよかったです。
ご飯を自分たちで作ったりメニューを考えたりすると聞いた時はびっくりしました。
なぜかというとカブ隊では自分だけでご飯を作ったことがなかったからです。
夜テントの中でウノをしました。
夜遅くまでしたので11時30分に寝ました。
だけど5時30分に起きられたのが不思議でした。
キャンプ場は空気がおいしかったです。
植物などがいっぱいありました。
大変だったけど楽しかったです。 (  尚行  )


尚行 いい顔  なお受講中

   ★ 大変なことはあとできっと良い思い出になるよ、
       空気の良さや植物にまで目がいくなんて、よくがんばったね ★


「この上進キャンプで楽しかったことは次の二つです。
一つ目は自分達で料理を作ったことです。
ぼくは火を起こす係をしました。
次は、テントを自分達でたててねぶくろでねたことです。
少し暑かったけど、よく眠れて朝すっきり起きられました。
このキャンプでボーイスカウトにますます興味を持ち、
9月の上進が楽しみになりました。」 (  はるや  )


笑顔のはるや  テントづくりはるや


   ★ カブではできない経験を楽しみながらできてよかったね
       上進キャンプで広がった興味をボーイ隊でどんどん体験してみてね ★

     

今回、3人のくまスカウトを引率、上進キャンプに参加した
須田副長からの報告です


4/28~29武蔵横手の啓明荘キャンプ場で、
3人のくまスカウトがボーイ隊上進に向けての
「上進キャンプ」を行いました。
ボーイ隊に加わり一泊キャンプをしてボーイ隊の事を学びます。

雨でも風でテント泊のボーイ隊。食事は自分達で作り
炊事の為の火も起こす!!
カブ隊キャンプとは一味違うどころか大違いです。

水場が近くトイレは清潔、グラウンドが芝生で天気に恵まれた絶好の条件の中、
緊張の3人は出来る事をやらせてもらい、先輩スカウトをお手本に2日間を過ごしました
昼に啓明荘に着き、ご飯を食べた後は各班に分かれてサイト設営。

3人もそれぞれの班で風にあおられながらも必死にテントや食フラ張りを補助します。
大きくて高さも身長の倍位もある食フラ。
これをリーダーの手伝いなしに組み立てられるボーイ隊は
なんてスゴイんだ!!…と3人は思ったはず…です(^-^)

テントここに宿泊  食堂フライ


追跡記号と手旗のレクをした後は、いよいよ食事作りにかかります。

炊事に欠かせない薪集めは大切な役割
3人は指示された通りの薪を見つけては、
自分のサイトと林の間を何度も何度も行き来し続けました。
任せられた事をきちんとやって…
緊張も重なってか、ちょっぴり疲れたみたいです。

テント見本  山道



途中、隊長と3人だけの場が設けられ、
誓いと掟等のボーイ隊上進の心構えの話を聞きました。
3人にとっては長丁場だろうに…でもその姿勢はグラついてません。
いつもの3人とは違う~!!真剣に聞き入る3人の姿がとても印象的で、
ちょっと前進したかも…と感じた瞬間でした。

      勉強中


夕食はどの班も仕上がりは上々。
自画自賛するだけあって、その神ががり的な美味しさに驚きです(^-^)

夕食中  おいしそう


夜レク恒例??肝試しの後におやつをいただき、就寝までは自由時間。
興奮醒めぬ賑やかな先輩達に囲まれた夜でした。



小鳥が囀ずる清々しい朝になりました。
6:30に食材が配られ、3人は昨日に続き薪集めに励みます。

朝食を終えての朝レクは、カブ隊にはちょっと難解だけど
ボーイ隊らしい「高さを測る」「川幅を測る」「手旗とロープ」の3つ。
先輩に教わりながらも、やっと正解がだせて嬉しかった事でしょう。
暑い中、根をあげずに頑張りをみせました。

昼食を済ませたらサイトの撤収に取りかかります。
火の始末、炊具の片付け等時間内に終わらせなければならない事がたくさんです。
テントの畳み方を教えている先輩がいました。
なかなか上手くいかなくて悲鳴をあげながらも伝授してくれます。
ボーイ隊は皆、こうやって覚えていくんですね。

そしてキャンプ終了のセレモニーで・・・発見しました!!
身体に芯が通った様な立ち姿勢をする3人!!
指先がピンと伸びてます!!大袈裟に言うと別人です!!

3人共よく頑張りました。
立派な立ち姿勢がこのキャンプを経験した証ですね。

ボーイ隊の皆様、ありがとうございました。

   ★ 須田副長、3人の引率、指導お疲れ様でした
     3人を暖かく迎えてくださったボーイ隊のみなさん
     ありがとうございました

     3人とも大変だったけど、カブとは違う本当に良い体験をして
     楽しかっただけではなく、自発的に行動する
     がぜんやる気がでてきたようですね。
     
     ボーイ隊に進んでいく自信がついたみたいでうれしいです
     ことみ隊長が見たらまたうるうるしそうですよ。
     残り少ないカブ生活、しか、うさぎスカウトの手本となりがんばってね。
     おつかれさまでした。  
     最後にすてきな笑顔の3人をご覧ください。

     おつかれさまでした  すてきな笑顔


★★★ 次回5月12日 13日は春キャンプです。
     しおりをよく見てしっかり準備してきてください  ★★★
















PageTop

【カブ隊】練馬地区合同カブリンピック

カブ隊活動 第17回 カブりんピック

光が丘公園で、練馬地区のカブスカウトが集合。
カブラリーに参加しました。
今年のカブラリーは夏に開催されるオリンピックにちなみ
    「カブリンピック」と称した催しになりました

全員酒豪 地区スカウト

14の国名別チームに分かれ、対戦します。
   1組  畑野DL率いるオーストラリア
   2組  永田副長率いるフランス
   3組  須田副長率いる韓国
   4組  鈴木DL率いるエジプト


アメリカ率いる中島DL

   あめりか中島DL コアラ組


それぞれ別の地区のスカウトと組になり戦います。
チームワークの良さが問われます
   5団主催のシンクロのほか、砲丸投げ、バレー、アーチェリーなど
   7種のゲームに挑みます。

   対戦 聖火?


 
5団のスカウトも、気合を入れて連盟歌を練習
当番組組長 尚行くん大活躍
一生懸命、何度も指揮をします
みんなも大声で練習!
本番でも、他地区のスカウトびっくりの大きな歌声
さすが5団のスカウト

   高島君


しかーし…

本番では2番も歌ったのでした
結果はみなさんおわかりの通り…
むなしいかな「じゅんび じゅんび」だけこだまする…

みんな、今度は2番まで練習しようね。

ことみ隊長からの一言

4月22日(日)カブラリー
頭の中のシュミレーションは バッチリ。
きっとうまくいくはず?!

ポイント名・シンクロナイズドスイミング

5団担当 シンクロ


13団隊長 (テレビのリポーター風に)
      カブラリーに参加のみなさん、こんにちは!
      ご存知の通り、今年は オリンピックイヤー。
      カブラリーでもオリンピックにちなんだカブリンピックを開催中です。

5団副長  シンクロナイズドスイミングに関するクイズを出題。

13団隊長 オリンピックでのシンクロは 女性の種目。
     
     しか~し!
     
     ここカブリンピックでは、ウォーターボーイズによる
     シンクロナイズドスイミングの競技を行うのです

12団隊長・5団井村副長・・準備体操をし、しまった!という演技
13団隊長
     
     どうやら、大変な忘れ物をしてしまったようです!
     ボーイスカウトは 親切で友情に熱い。みんなで協力して
     忘れ物を届けてあげましょう!

5団ことみ隊長(私)
     ゲーム説明→ゲーム開始

     忘れ物は ゴーグルと水泳帽。ゲームは2回戦

忘れ物を受け取った12団隊長・5団井村副長が、浮輪、ゴーグル、水泳帽をつけ
最後に マルマル モリモリ を踊る!

    シンクロボーイ 1  シンクロボーイ2


1番 不安だった事。
時間をはかって練習していない事と、
デモの練習をしていなかった事。
・・とか思っているうちに 1組目スタート!

50キロハイクの時から始まったリーダーだけの仲良しの輪。

 「スカウトを楽しませ、私たちリーダーも
思いっきり楽しめるカブラリーにしましょう!!
  カブたい~!いつも~!げ~!ん~!きっっ!」

    コアラといっしょ


気合は入っていたものの、やはり時間がおしてしまって・・・
最後の見せ場、マルマル モリモリ までたどりつけず・・

う~~・・。と思っているうちに2組目。
もう失敗はしないぞ!!と マキながら様子を見て。
3組目 4組目・・お~。
みんな ノリにノッている!時間配分もバッチリ!!大成功!!

のりのりママ
超楽しくなってきたところで昼食タイム。
午後も午前と同じチームワークで楽しくポイントゲームを進めました。

13団隊長さん、リポートしすぎでのどが痛くなっちゃったみたい。
  (1日で7回もシンクロのリポートお疲れ様でした。)


順調に進めてきたが、1番気になるのが 1組目。
最後までできなかった事=1番不安だった時間を計って練習していなかった事。

カブラリー終了後、1組目チームロシアの引率責任者だった17団BVS小川隊長に、
私が怠った2つの事をすぐに指摘され
「あ~ あと3日早く準備に取り掛かれば・・」と後悔しました。
その後の言葉!!
「10年カブ隊長をやっていた 俺の目はごまかせないっ」って。
そりゃそうだけど・・見透かされてるとは思ったけど・・

こんちくしょ~~~!!

来年は 絶対! 絶対!! 絶対!!!
「ことみ隊長 さすがだね 完璧だね」って言わせて見せる!!

・・・1組目に来たチームロシアとチーム日本のみんな、
12団隊長と井村副長の素敵なマルマルモリモリ、
見せてあげられなくってごめんなさい。

12団隊長、13団隊長、副長、5団のみんな、
私の企画に乗ってくれて、一生懸命協力してくれて
本当に本当に ありがとうございました。

今年も サイコ~!!のカブラリーになりました。
12団さん、13団さん、反省会でたっぷり 飲みましょう!

来年もカブ隊長でいさせて頂けたら、来年もポイント担当させて頂けたら、
またまた 楽しいカブラリーにしちゃいますよっっ!!


 編集後記 

 ことみ隊長以下、リーダーの気合の入ったカブリンピック
 スカウトにとっては他地区のスカウトと親しくなるチャンス!
 色やデザインの異なるネッチを見るだけでも楽しいよね。

 ゲームの結果はイギリス組の優勝!
 おめでとうございます、さすが今年の開催国

 5団では須田副長率いる3組属する韓国組が5位と健闘しました。
 
 
おめでとう3組

 次回、5月12日、13日はまちにまった春キャンプ。
 隊長からしおりは届きましたか?
 
 お天気はよさそうですね。
 みんなで元気に参加しましょう。
  

PageTop

【カブ隊】イースター

4月8日  カブ隊活動 第16回 イースター

イースター看板

ことみ隊長からの一言

1年に1度のイースター。
イエス・キリスト様が復活した日をお祝いする
教会にとっては、クリスマスと同じくらい大切な礼拝の日。

私が、この礼拝で一番重要だと思っている事... そう、懺悔の時間です。
イースターの前日、この一年を振り返り、あれも・・・これも・・・
あっ、っこれもあれも・・・
(いったいいくつあるんだっっ。って自分で突っ込んでみたりして。)
と、この際だからとキリスト様に許してもらおう。
なんて、虫のいい話ですよね。

スカウトにとって、2時間近く聖書を読んだり、聖歌を歌ったりの時間は
これも1年に1度、忍耐をつける良い活動かと思います。
しかし、聖歌を歌う元気なスカウトの声。
おいおい、音程もリズムも全くあってないぞ。
そうか、原曲を知らないからなーー。
まあ、大きな声で歌っているから許して下さい。キリスト様。
来年も同じように懺悔をしている私がいるのかしら・・・。

イースターの礼拝が終り、公園に場所を移し、イースターエッグを探せ!!です。
ここで今回最大の反省点。

桜の八雲公園  団員長 

公園には私達より先に3~4名の小学生の子達が遊んでいました。
私を含め、リーダー4名ほどで公園の木やら遊具に
イースターエッグをつけていきます。
途中、小学生の子達に「何をしてるの?」と声をかけられました。
イースターというのは何か、どうして卵なのかを簡単に説明をしたら、
「へー、だから卵を隠すんだ。
で、それを探すんだ!」と興味を持った様子でした。
人数分しか準備をしていなかった私は、
「ごめんね。今日はボーイスカウトでの行事だから・・・」
その子供達を仲間に入れてあげられず、断ってしまいました。

イースターエッグ2 イースターエッグ


その日の活動が終わり、家に帰っても何だか胸の中がモヤモヤして・・・。
あれでよかったのか、3つくらいならリーダーの分や
欠席のスカウトの分で
一緒にできたかもしれない。

後日、ちょっとしたきっかけがあり、
中島副長と畑野DLと3人で
このことについてメールしました。

「ブランコにポツンと1人で淋しそうにいた女の子に声をかけてあげたかったんだけど、
なかなかそこまで気が回らなかった。」

「公園は、私達のものではないのに大人数で占領してしまった形になってしまい、
周りの子達は迷惑だったかな・・・」と。

私と同じ様な事を思っていたリーダーがいたんだ。
ただでさえ、5団はマンモス団。
良くも悪くも目立ちます。
これからは、地域、近所の子供達も巻き込んで遊べるようなカブ隊でいたい。
リーダーにもそんな余裕ができたら、
もっともーーっと楽しい活動ができるかもしれない。

『スカウトもリーダーも楽しめる活動を。』改め、
『スカウトもリーダーも周りの人もみんな楽しめる活動を。』

今回の事はとても良い勉強になったと思いました。
イエス様、これも気付きを与えられたということでしょうか?!

アーメン。

お知らせ

今回、新しいスカウトが入隊しました。
うれしいですね。
みんなよろしくお願いします

イースターの日は桜が美しく見える晴天でした、
死んだイエスキリストが3日目に復活したことを記念する日
大地も喜んでいるようでした

カブ隊で作ったイースターエッグ
教会からいただいたイースターエッグ、
どれもとてもすてきでしたが
写真がありません。ごめんなさい
来年はたくさんのたまごを写真に撮りましょうね

入隊

PageTop

【カブ隊】ビーバー隊合同運動会

3月25日 カブ隊活動第15回

ビーバー隊と合同運動会が小竹小学校で行われました。
12団宮川隊長を迎えての大運動会。
見るからに優しそうな、そして本当にとっても優しい宮川隊長でした。

宮川隊長[1]

みんなもあんな小さかったのにお兄さん、お姉さんになったね。

    「カブスカウトはおさないものをいたわります」

今日一日、ビーバースカウトに優しくできたカブスカウトたちでした。


スカウトから一言

今回の活動はビーバー隊との合同運動会でした。
その中で一番楽しかったのはしっぽ取りです。
隊長のしっぽは5ポイントで、ぼくは2本取って10ポイントになりました。
結局は2位でうれしさ半分、くやしさ半分でした。
でも、ビーバー隊とのなかを深められてよかったです。
         ( くまスカウト はるや )

尻尾


ことみ隊長からの一言

今から2~3年前、年間プログラム作成のための団会議で、
1年に数回づつそれぞれの隊が合同で取り組むプログラムを取り入れようと
ボーイ隊ビーバー隊合同、ベンチャー隊カブ隊合同ハイキングや
スキー訓練キャンプでの縦割り班をしてきました。

このカブ隊ビーバー隊合同運動会も同じで、
今回で2回目になります。
昨年は震災直後で体育館が使用できなくなり、
7月に行いましたが、
今年は無事3月に行うことができました。
(暑くて暑くてあの時食べたガリガリ君の味は忘れられません。)

私の都合でなぜ3月がいいのかというと・・・
4月にあるカブラリーのポイントゲームのお試しができるからです。

そしてこの運動会は、1年の中で副長さん達が最も活躍する日。
計画から実施までの全てを副長さん達にお任せしています。

そして今回のスペシャルゲスト(またまた?!)

練馬12団宮川隊長。

宮川隊長はカブラリーで全体ゲームを担当することになり、
それに私も便乗し、スカウトの多い5団で試してみよう!!
という事で今回、参加して頂きました。

まるもり練習


やはり、さすが隊長、スカウトへの気配りや指示の出し方、
私も勉強させて頂きました。
ありがとうございました。

そしてそして、競技に取り組むスカウト達の一生懸命なこと。
いっぱいいっぱい体を動かしたね!
今の学校ではなかなかやらないパン食い競争や障害物リレー。
フォークダンスでマイムマイム。

ヨーイドン ganbare.jpg



マイムマイム

とっても楽しい1日でした。

体育館を利用させて頂きました小竹小学校の校長先生、副校長先生、
スカウト達の笑顔はキラキラ輝いていました。
本当にありがとうございました。
みんなでぞうきんがけ

最後にみんなでぞうきんがけ。
宮川隊長、また5団にいらしてくださいね。
ありがとうございました。

ビーバー隊のみなさん、お世話になりました。

PageTop