ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

雨風にまけないぞ!

 東京も梅雨入りをしました。
 最近の天気は 「ゲリラ台風」 などの被害もあり 今回は「防災体験」をすることにしました。
 「本所防災館」 の予約が 11時50分からなので、その前に 「消防博物館」 へも行く事にしました。
 
 今回は 9月入隊希望者の 体験の親子 5組も参加しましたので スカウト・リーダー・保護者 総勢29名です。

「消防博物館」
   小竹向原~新宿三丁目~四谷三丁目
   2番出口 直結なので 雨にぬれずに入館できました。
BVS防災館 001 BVS防災館 002
BVS防災館 004 BVS防災館 005
   
   「消防博物館クイズ」 に挑戦して 
   「ファイアー君のメモ帳」のプレゼントをいただきました。
     クイズ    
     ① 消防博物館の1階の入口の横にある時間を知らせる
       かわいい音楽隊は何と言うのでしょう。
     ② 木製の梯子自動車の名前は?
     ③ 平成22年4月1日からは 今住んでいる家にも取り付ける必要のある 火災を知らせる
       ための防災器具は 何でしょうか。
     ④ 一番大きな纏は何組でしょうか。
     ⑤ 今はクイックアタッカーとよばれている 消防二輪車は何と呼ばれて 親しまれていた
       でしょう。
     ⑥ 今年3階に登場した 新コーナーが 3か所あります。
        「空の消防隊」 「音楽隊の紹介」
         そして もうひとつはどこでしょう。
BVS防災館 007 
    
「本所防災館」
    四谷三丁目~大手町~錦糸町 へ移動
    本降りの雨の中 徒歩15分
BVS防災館 009
   
   「3Dシアター」
      震度 7 を想定した 迫力ある映像で
      思わず声をあげてしまうほどでした。
BVS防災館 010
      
   「地震体験」
      スカウト達は 震度 4
      大人は震度 7 を体験 ・・・・強烈な揺れで
                        テーブルの下に
                        もぐるのもやっとの状態
BVS防災館 011

   「暴風雨体験」
      レインコート・長靴 に着替えて 風速 20m と雨 の体験
BVS防災館 015

ここで学んだ事
   ① グラッ ときたら 身の安全
   ② 落ち着いて 火の元確認・初期消火
   ③ 慌てた行動 怪我の元
   ④ 窓や戸を開け 出口を確保
   ⑤ 落下物 慌てて外に飛び出さない
   ⑥ 門や塀には近寄らない
   ⑦ 正しい情報 確かな行動
   ⑧ 確かめ合おう 我が家の安全 隣の安否
   ⑨ 協力し合って 救出 救護
   ⑩ 避難の前に安全確認 電気・ガス    
BVS防災館 021
                        
今日の体験は いざと言う時に きっと役立つ事でしょう。

次回の活動は、昆虫観察です。たくさんの見学お待ちしております。 

PageTop

地球の未来を考えよう

 6月は環境月間です。ビーバー隊としてもスカウト達にこれからの地球についての活動を考えていたのですが、調べてみると環境省主催の「エコライフフェスタ」が代々木公園で開催されると言うので、ここで様々な体験が出来ればと思い今回はこれに参加することにしました。
 午前9時に小竹向原集合。新しく入隊が決まったスカウトに自己紹介してもらい、そのまま朝のセレモニーをしました。セレモニーの中でスカウト達に環境の事を聞いてみたのですが、みんな関心を持っているようでいろいろ質問してきます。
 9時40分に小竹向原出発。
IMGP2034.jpg
 渋谷までは副都心線の急行であっという間です。そこから歩いて約15分、目的地の代々木公園に到着しました。
 ここからは2手に別れ各ブースで、企業がCO2の削減にいかに取り組んでいるか、電気自動車等の最先端の乗り物がそのような目的で、またこれから自動車がどのようになっていくか、各企業の取り組みについて担当の方々のお話を熱心に聴いていました。また、クイズラリーに参加するなどして、環境についていろいろな面から考えているようでした。
IMGP2037.jpg IMGP2038.jpg
IMGP2043.jpg IMGP2039.jpg
IMGP2040.jpg IMGP2044.jpg
 各ブースは内容が濃く、いくつか回るだけでもうお昼になって臣下いました。そこで、芝生のある場所に移動して昼食を取りました。みんな午前中に回っていただいたグッズをお互い見せ合いながら楽しくおにぎりを食べました。
IMGP2046.jpg
 昼食の後は、先ほど最初に立ち寄ったブースで約束した「ゴミ拾い」を行いました。各自軍手をして、ビニール袋の中にプルトップなどを収集しました。みんな口々に「街をきれいにするって大変だ」と言っており、ゴミに対する考え方が変わってきたのをとてもよいことだと思いました。
IMGP2050.jpg
 午後は全員で先ほどのコースを逆送し、先ほど見られなかったブースでクイズラリーをしたり、コップを作ったりと午前中と同じように会場を回りました。
IMGP2045.jpg
 もう少したくさんのブースを回りたかったのですが、2時になったのでそろそろ帰らなければならず、スカウトたちは名残惜しそうな顔をしていましたが帰ることにしました。
帰りの電車のなかでもいただいたグッツを見ていました。そうこうしているうちに小竹向原に到着。終わりのセレモニーを行い午後3時に解散しました。
 次回の活動は本所防災館で防災体験を行います。

PageTop

カブ隊とハイキング

 今回の活動は、カブ隊くまが上進キャンプに行ったため、しか、うさぎとともにハイキングに行くことにしました。場所は王子の飛鳥山公園です。
 午前8時半に小竹向原駅集合しました。見学者が1人いたので早速自己紹介。ちょっと緊張しているようでしたが、スカウトに友達がいて応援してくれたおかげでみんなに溶け込んでいます。スカウト達に1から5までで好きな数字を聞きカブ隊の組編成を行いました。朝のセレモニーは雨が降りそうなので、飛鳥山公園に到着したらすることにして、説明だけして早速出発です。石神井川沿いを下り王子まで行くのですが、石神井川まではみんなにコマ地図を渡して各組で行くことにしました。案の定迷っている組もあり、また普段は見られない競争意識もあってとても楽しく向かうことが出来ました。
BVS紙博物館 002 BVS紙博物館 007
 石神井川からは川沿いに下るだけなのですが、鳥の鳴声を聞いたり、さくらの時期ならとてもきれいだろうと思われる道を歩いたり、途中に商店街があったりと変化に富んでいて普段あまり許されないよそ見をしながらそれでも他の組に追いつかれないように注意を払いながら歩いていました。
BVS紙博物館 014 
 1時間少し歩いて釣堀公園で最初の休憩。釣をしている人がたくさんいました。水分補給をして出発。組の動きにも慣れてきてカブ隊のお兄さんやお姉さんたちと楽しそうにお話しながら目的地へ向かいます。2回目の休憩も済ませ11時半、予定より少し早くに飛鳥山公園に到着しました。
 さっそくセレモニー。今日はカブ隊のセレモニーです。いつもと違うので若干戸惑っていましたが最後のジャンプはみんな元気よく飛び跳ねていました。
BVS紙博物館 017 BVS紙博物館 020
 その後ミニゲームや○×クイズを行い、カブ隊の組に分かれてそれぞれ昼食となりました。カブ隊から話しかけているようで楽しく食事を取りことができているようでした。
 食後の運動にしては少しハードだったのですが、スカウトに聞いたところ「氷おに」なる鬼ごっごがしたいと言うので、15分ほど行い身体がほぐれてきたところでカブ隊リーダー考案のチームゲームを行いました。
 1時半になったので、紙の博物館に入り担当の方の説明を受けた後「紙すき」を行いました。みんな手づくりのはがきをとても満足そうにリュックに詰めておりました。
BVS紙博物館 028 BVS紙博物館 029
BVS紙博物館 030
 紙すきを終えて博物館を出ようとすると、なんと大雨。急いで雨具の支度をして王子の駅に向かいました。王子駅からバスに乗り、小竹向原駅で解散のセレモニーを行い解散しました。カブ隊との活動はとても楽しかったとスカウト達は感想を述べていました。
 次回の活動は環境を考えるため、エコライフフェアを体験します。

PageTop