ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

小さい春見つけた ナイトハイク

 今年も練馬5団恒例ナイトハイクの実施となりました。最近はベンチャー隊にコースを設定していただき各隊それぞれ目標をもってナイトハイクに挑みます。ビーバー隊の今回の目標は副長の発案により「小さい春見つけた」となりました。
 午後2時30分教会に集合。集会に先立ち、今月から入隊したスカウトの入隊式を行いました。
ビーバーナイトハイク 001
 セレモニーで今日の活動の内容を説明。ほとんどのスカウトが夜歩く事や長い距離を歩くのが初めてのようで、とっても楽しそうにしています。教会から小竹向原まで行き今日の出発点九段下駅を目指します。九段下駅で1枚目の「コマ地図」を参加者全員に配布。参加された保護者の方も初めてのコマ地図と格闘しているようでした。
ビーバーナイトハイク 005
 まず初めは靖国神社を目指しました。本当に見上げるようなとても大きな鳥居をいくつかくぐり、途中の大村益次郎銅像の前ではみんな一生懸命説明書を読んで(見て)いました。本殿の奥には雛人形が飾られており、本日最初のお参りをしました。
ビーバーナイトハイク 006
 飯田橋駅を過ぎ神楽坂を登り坂の上のある善國寺(毘沙門天)で2箇所目のお参り。言い忘れておりましたが今回はベンチャー隊の計らいで神社仏閣をめぐるルートになっております。途中のお店でも雛人形が飾られており、一足早い春の到来を思わせております。
ビーバーナイトハイク 010 ビーバーナイトハイク 011
ビーバーナイトハイク 015
 神楽坂から江戸川橋へ向かう途中で二宮金次郎の銅像を発見。普段通り過ぎてしまう道でもこのように歩いてみるといろんな発見がありとても楽しいです。
ビーバーナイトハイク 016
 江戸川橋で最初の休憩。お菓子を食べて元気回復。寒桜がとてもきれいに咲いていました。
ビーバーナイトハイク 018
 江戸川橋からは長い1本道で護国寺へと向かいます。護国寺で3箇所目のお参りをする頃にはあたりがだんだん暗くなってきました。
ビーバーナイトハイク 019 ビーバーナイトハイク 024
 ここからが本日のメインイベントで、雑司が谷霊園内の道を歩き鬼子母神へと向かいます。さっきまで元気よく歩いていたスカウト達も、普段見慣れない周りの雰囲気に圧倒され、静かになってしまいました。鬼子母神に到着したのですが、時間が遅いため門は閉ざされており、横の公園で2度目の休憩を取りました。
ビーバーナイトハイク 025 ビーバーナイトハイク 026
 休憩を終え、後はゴールである教会へまっしぐらです。池袋と目白の間にあるボクシングジムの横を通った時にはボクサーの方々の練習風景にスカウト達の目は釘付けになっていました。この頃になるとみんな大分疲れてきている様子でしたので、お菓子を配って気分転換させたり、リーダー達が励ましや元気付けの声をかけたりしました。
ビーバーナイトハイク 028
 おかげで歩いているみんなが目標に向かって1体になったようでした。そして午後8時10分、育成会や保護者の方々の「おかえりなさい」という温かい声に迎えられて、誰一人途中でリタイヤすることなくほぼ予定どおりに教会に到着。みんなに作っていただいたおにぎりと豚汁を食べ解散しました。
ビーバーナイトハイク 029 ビーバーナイトハイク 030

PageTop

がんばったよ ナイトハイク

今年の5団ナイトハイク カブ、ボーイ隊はガブリエル教会出発~熊野町~春日通り~文京区役所~飯田橋~靖国神社で折り返し~池袋経由~教会ゴールといった20キロ強のコースを歩きました。
天気は晴れ、風もなく絶好のハイク日和です。
うさぎスカウト、入隊間もないスカウトは初のカブの距離を歩くので少し緊張している子も。
でもこの日のために歩く練習をしたという子もいて、気合も充分です。

13時30分に集合、団子状態で歩かないように各組毎に時間差をつけて出発しました。ペース配分はいつものように年長スカウトに任せて歩きます。
RIMG0109.jpgRIMG0112.jpg
なので各組で歩くスピードも違ってくるのですが、他の組に追いついたり追いつかれたりするとみんなの闘志がわいてきて、いつのまにか競争めいた場面も見られました。
大人は振り回され、息切れしてます(@_@;)

折り返し地点の靖国神社に集合した頃にはとっぷりと日が暮れていました。お参り等々したかったのですが時間が押してしまい、このままではゴールが夜遅くなってしまう・・とのことで帰りはリーダーの先導でコースも少し変更して全員一緒に歩きました。
肝試しとして楽しみにしてた霊園は通らなかったのが残念でした。
RIMG0120.jpg
後半は疲労でスカウトの口数も少なく、「がんばれー」のかけ声があちこちに飛び交いました。
へばりそうなスカウトには年長スカウトや大人が手をつないだり荷物を持ってあげたりやさしく励まし、立派な姿には成長を感じました。

おかげで1人のリタイヤもなく全員そろってゴール!
がんばって歩ききったみんなはとてもいい表情をしていました。

21時をまわっていたので、育成会が作ってくれたおいしいおにぎりとトン汁で空腹を満たし心地よい疲労の中解散となりました。
RIMG0133.jpgRIMG0134.jpg

疲れ、足の痛み、寒さ、食べ物屋の誘惑に(大人は居酒屋の誘惑に)も負けずにがんばったナイトハイク。
きっと大きな自信がついたことでしょう。

PageTop

川は~流れてどこどこ行くの~♪

というわけで、今回の活動は「白子川に沿って歩いてみよう!」です。白子川は練馬区大泉に源流があり、埼玉県和光市、板橋区へと流れて、荒川の支流、新河岸川に注ぐ総延長10キロの川です。カブのハイキングにはちょうどよい距離です。
RIMG0078.jpg
しかスカウト1名が入隊してくれました。入隊式を行い、見学者1名の紹介もして活動スタート。
この日はよく晴れてたのですが、北風が強くて冷た~い一日でした。副長の帽子が飛んでしまい、危うく川に落ちそうになりました。あの緑の帽子が流れていたら目立ちそう。
ただ歩くだけじゃつまらないので途中の橋の名前を調べてチェックしたり、川の水生植物、生き物を観察しながら歩きました。
ここが白子川の源流地点↓ 上流は浅くて水が澄んでいるのですが
RIMG0081.jpg
下流はこのように水もにごり、水位も高く流れもゆるやかになってきます。
RIMG0099.jpg
鯉がたくさん泳いでいました。生き物にとって住みやすい川なのですね。
RIMG0098.jpg
10キロとはいっても、川までの移動や迂回があったりして実際は15キロくらいのハイキングでした。
なので半分くらい歩いたあたりから、足取りが重くなったり、無口になってきたり、スカウトに疲れが見え始めてきました。声をかけたり、手をつないで元気づけて歩きます。がんばれ!
RIMG0101.jpg
やったーゴールです。全員が歩ききることができました。さっきの疲れはどこへやら、河川敷では思い思いに遊びを楽しみました。
こういう場所で子供がすることといえばやはり・・
RIMG0108.jpg
転がります。

川の端から端まで歩くことなどあまりないので、自然の移り変わりを見ることができたのと、目標まで完歩したことへの自信がついたのではないでしょうか。
次回のナイトハイクに向けての練習にもなりました。

PageTop

作れ!解け!きGO!(←記号)

1月25日 追跡ハイク準備、ハイキング準備
この日は今年初めてのカブ隊全員で行った活動です。12月に入隊した2名のスカウト、見学者も一緒に朝のセレモニー。服装チェックも完ぺきです。
午前中は、3月に行われるビーバー隊合同追跡ハイクのコース決めや追跡記号のイラスト作り、暗号文作り。どんなコースか暗号かは当日のお楽しみです。
RIMG0077.jpg
昼食後は、江古田めぐりポイントハイクをしました。
各組で指示書と地図に従ってポイントをめぐり、クイズ形式で地図記号で答えを記入していきます。桜台区民館からスタートです。
指示書1  あんごうぶん を とけ
       「えねらりもまをくょのししじんしぼでるえままーよくしをむかいけぜ」
                                            答えは最後にね!
ポイントは、練馬東税務署前、浅間神社前、旭丘郵便局前、日大芸術学部前、上野病院前
RIMG0052.jpg
あっ、神社前で道に迷っている人発見。副長の小芝居とわかっていても、カブスカウトはすすんでよいことをするのでR。「集会所に行きたい」と言ってるので教えてあげよう。ちゃんと教えてあげられたかな?
郵便局前でも迷ってる人が(副長)!池袋に行きたいそうなので、江古田駅までの道と路線を教えてあげます。
「地図記号はどっちだ!」クイズを解いて、小竹図書館へ。ハイキングのことや山や川について説明する課題を調べたら、やっとゴールの教会にたどり着きます。ふー。脳トレになったかも?
ごほうびのおやつをいただき、地図記号の答え合わせ、春キャンプでの歌の練習、1月10日~12日にかけて行われたスキーキャンプでの級の認定書授与(これはかなりテンションUPでした)など、盛り盛り森だくさんの1日でした。

次回の活動は、川沿いハイキングです。寒さに負けずにがんばるぞ!

暗号文の答え:「ねりまくのしんぼるまーくをかけ」 
          1字置きに文字をけしていけば出てくるよ!

PageTop

副長大活躍の草木染め

 もうすぐ4月。4月になると年長のスカウト達はピカピカの小学校1年生です。そこで今回の活動は小学校にも持っていけるバックを作ってみようと思い、「草木染め」でオリジナルバックを作ることにしました。とはいっても何の知識もなく、ただ煮ていけば染まるのだろうなどと簡単に思っていたのですが… 調べていくうちにだんだん染物の深さを知る羽目となりました。また、今回は副長の大活躍があったおかげでうまくいったということを忘れてはいけませんでした。
 午前9時小竹向原に集合し、セレモニーをしてから会場へと向かいました。会場には今回講師をお願いした練馬地区のボランティアの先生がすでに到着しており、みんなであいさつ。
草木染め 009
 早速準備に取り掛かりました。スカウト達はそれぞれバッグに副長が用意してくれたビー玉やおはじき、割り箸などを思い思いにバッグにつけていきます。1列にきれいにおはじきを並べるスカウトがいたり、ランダムに大きさの違うビー玉をつけたりとみんなとても楽しそうに作業をしています。
草木染め 013
 次に「染め」ですが、ここでは熱湯の中に玉ねぎの皮を入れその煮汁で染めていくので、スカウト達にはちょっと危ないので代わりにリーダーが行い、スカウト達には昼食(すいとん)の準備に取り掛かりました。
草木染め 014
 こねた小麦粉を薄く延ばしたり、保護者同伴のもと野菜を刻んだり、活動として初めての調理を皆楽しそうにしています。調理の合間に、染めの状況を見学。スカウト達は鍋の中でみるみる色が変わるバッグを見ながらどんな色に染まるのかとても楽しみのようでした。
草木染め 015 草木染め 016
 すいとんが出来上がった頃ちょうどお昼となり、みんなで作ったすいとんを講師の先生も交えて食べました。
草木染め 017 草木染め 018
 昼食後は会場近くの公園で遊んだり、区役所の展望台に登り、町並みや遠くに見える富士山を見ながら染物が出来上がるのを待ちました。
 そうして午後2時染物が完成しました。みんな結んだゴムを解き図柄を見ながら「こんなふうになるのか」と満足しきり。
草木染め 021 草木染め 024 草木染め 025
 会場を片付け、講師の先生にお礼を言って小竹向原駅に向かいました。そして午後3時半終了セレモニーをして解散となりました。
 次回活動は恒例「ナイトハイク」です。昼間とは違う夜の町並みを探検気分で歩きたいと思っております。

PageTop