ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

みんなで協力 秋キャンプ

カブ隊です。今年度のカブは、隊最年少の女性隊長がスカウト33名の大所帯を率いてフレッシュに始まりました。
そんなカブの最初のキャンプを10月12.13日 埼玉県長瀞げんきプラザで行いました。昨年の団ボリーで行った場所でもあり、記憶しているスカウトも多数いました。
現地に着き開村式後、セレモニーや基本動作、歌の練習をし、午後は長瀞の観光名所としても名高い宝登山ハイキングに行きました。頂上付近の急な階段が続く道はとてもきつく、みな息も切れ切れでしたが、頂上に着くとさっきの疲れはどこへやらで楽しそうに木の実や落ち葉を拾っておりました。子供は本当に復活が早いですね。
RIMG0009.jpg

夜のキャンプファイアーでは歌、踊りと盛りだくさんでした。スカウトは「ジャングルブック」の替え歌、リーダーは「鬼のパンツ」の替え歌を披露しました。
RIMG0020.jpg

翌朝はお世話になったお礼に宿舎にぞうきんのプレゼントをして宿を後にし、「古沢園」にてうどん打ち体験をしました。
うどんはあらかじめこねて寝かせた生地を踏んで伸ばします。これを繰り返すことでコシのあるうどんができあがるそうです。
RIMG0040.jpg RIMG0053.jpg

その生地をメン棒で伸ばしていくのですが、これは繊細かつ力が必要で汗のかく作業です。みな必死(@_@;)
伸ばせたら切る作業です。ホウトウからラーメンまで(笑)いろいろな太さのうどんができあがり、それぞれの性格が表れてました。
RIMG0066.jpg
昼食にはみんなのうどんの食べ比べをしました。どのテーブルからも「おいしい!」の声が上がっていました。手作りの楽しさと苦労を体験し、食べ物のありがたみを感じたひと時でした。
RIMG0075.jpg

大人数のため時間など予定通りにいかないこともありましたが、宿泊を通して協力の姿勢と親睦が深まったのではないかと感じた今回のキャンプでした。

次回活動は練馬地区合同駅伝です。

PageTop

ベンチャー、ボーイ合同沢登

7月20日に奥武蔵、棒の峰の白井沢でベンチャー隊とボーイ隊の合同の沢登りがおこなわれました

今回は参加者の中にはベンチャー隊長、ボーイ隊の副長補、ベンチャースカウトの3名が沢登り、ロッククライミングの経験があり、それを生かしてボーイ隊のサポートをしての挑戦です。



まずは、なだらかな流れの沢を登ります

IMGP8773.jpg

場所によっては、砂防ダムを避けて、道なき道を進みます

IMGP8778.jpg

少し、段差があるところでは、水深が30~50cmになり、水につかりながら進みます

IMGP8797.jpg


ちょっとした、滝ではザイルを使って安全確保します
今回はザイルを2本使って、ベンチャースカウトも確保をおこないましたので、人数が多いにもかかわらず、比較的早く登ることができました

IMGP8819.jpg

幽玄な雰囲気が漂う沢の中を進みます
IMGP8871.jpg IMGP8878.jpg

IMGP8889.jpg



IMGP8915.jpg IMGP8986.jpg

ボーイ隊の副長補の勇姿です。
IMGP8999.jpg

さすがにベンチャースカウト。果敢にシャワークライミング(滝の中を登る)に挑戦です
IMGP9012.jpg IMGP9014.jpg

女子スカウトのためにお着替えテントを持参しました
IMGP9019.jpg

PageTop

味覚の秋を収穫するぞ

 秋といえば食べ物がおいしい季節です。また収穫の大変さや喜びを味わうために、ビーバー隊は10月5日川越へ芋ほりに行きました。
 秋晴れのすがすがしいお天気となった午前9時に小竹向原駅に集合。今日は荷物も多く、また帰りの荷物も重くなるので、保護者の方々にご協力をお願いしたところ、みなさん快くご参加いただき、またスカウト達の弟や妹もたくさん参加された。参加者全員で朝のセレモニーを行い、その後に今日の活動の説明を行いましたが、みんなビーバーつうしんで今日の活動がわかっているので、とても楽しそうな表情で話を聞き入っています。
 9時30分頃小竹向原駅出発、いつものように副長の用意していただいた「びゅんびゅん駒」や「牛乳パックパズル」で楽しそうに遊んでいます。所沢で乗り換え、10時30分南大塚駅に到着。ここから20分ほど歩いて本日の目的地「あらはた園」さんに到着。荷物を置いて靴を履き替え準備完了。
IMGP1599.jpg
 おじさんに芋種類やさといもとのでき方の違い、掘り方の説明を受けさっそく芋ほり開始。一区画づつにわけられた芋畑に入っていきます。掘り始めてすぐにあちらこちらから「あった」「わー鈴なりだ」「大きいのを採ったどー」「これかわいい」などスカウト達の感嘆の声が響いてきます。と同時にあちらこちらから大小さまざまなおいしそうなお芋がざくざく掘られていきます。
IMGP1602.jpg
芋ほりをしている最中に教会の日曜学校の方々も到着されたようで、ご挨拶をかわしました。掘り終った後は品評会です。一番大きなお芋を掘ったのを競ったり、各自形の面白いお芋を持ち寄り、何に似てるかを発表してもらいました。
IMGP1611.jpg
 芋ほりもおわりちょうどお昼になったので、用意していただいた場所でお昼ご飯をたべました。みんなご飯を食べているときも芋ほりの話をしているようでした。
 お昼ごはんの後は、お絵かきタイムです。今体験した芋ほりの様子や畑などスカウト達が今日の活動で思い感じた物事を絵に描いてもらい、描き終えた後発表してもらいました。
IMGP1622.jpg
 発表も終わり帰る時間となりました。お礼を言って「あらはた園」を後にしました。途中どんぐりなどを拾いながら南大塚駅到着。そこから電車に乗り午後3時30分小竹向原駅でセレモニーを行い解散となりました。
 次回活動は「第31回練馬まつり」に参加します。工作を体験したりとお祭りを満喫する予定です。見学大歓迎ですので、どうぞご連絡ください。お待ちしております。

PageTop

赤い羽根 共同募金

            2008・10・1 (水・都民の日)   曇り
             集合        教会   7:00
             解散        教会   9:30
 
ボーイスカウト の奉仕活動として 毎年 団行事として参加しています。
BVS・CS・BS・VS のスカウトが
           小竹向原駅       ①~④
           江古田駅     北口 ①~②
                     南口 ①~②
           新江古田駅       ①~②
           東長崎駅         ①~②
    
    12ヵ所に分かれて募金をします。
    1ヶ所    スカウト        4~5名
            リーダー、保護者  1~2名
募金時間   7:30~9:00
赤い羽根募金 001

募金に関しての注意 を受けて 各駅へスタートです。
    1 「点字ブロック」 の上には立たない。
    2 「赤い羽根の共同募金に、ご協力お願いします」 の 
      呼びかけは 爽やかに声をそろえて・・・・。
    3 募金は強要しないこと。
    4 赤い羽根 を渡す時 「ありがとうございます」 を忘れない。
 
募金風景
    *小竹向原駅の募金 第一号・・・・駅員さんでした。
    *出勤時間を急ぐ 人達は大急ぎです。
    *外国人母娘も 足を止めてくださいました。
    *出勤途中の 隊長、副長達も募金箱に 入れてくださり
            見慣れた制服ではない スーツ姿にスカウト達はビックリ! 
    *「偉いわね・・・頑張ってネ」 と声をかけられ 一寸テレながらも嬉しそうでした。
赤い羽根募金 002 赤い羽根募金 003
赤い羽根募金 006 赤い羽根募金 010
赤い羽根募金 014

「募金」 集計
      162,439円
         BVS・CS は募金箱にいくら入っているか・・・・とわくわくです。  
         でも、金種別に分けるだけで、計算はBS・VSにお任せです。
         そのBS・VS スカウト達はみんなで手際良く集計してくれました。      
         昨年 126,449円 より多かったのは 募金時間を30分延長して
                    スカウト達が頑張ったからでしょう。
赤い羽根募金 015 赤い羽根募金 016

         
    みなさん ご苦労さまでした!

 次回の活動は5日川越に芋ほりに行きます。なお、11月16日には練馬地区のビーバーラリーとしてハイキングでみかん狩りに行きます。見学大歓迎ですので、ぜひご連絡ください。

PageTop