ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

サイクリングを楽しもう!

2008.4.20(日)晴れ 場所:神宮外苑サイクリングコース スカウト18名、リーダー9名、保護者5名、兄弟3名

ビーバースカウトは現在19名!、この人数で一般道路のサイクリングは無理なので、神宮外苑サイクリングコースへ行きました。
このサイクリングコースは1960年代に我が国の自転車道路環境が欧米諸国に比べて立ち遅れている状況であった事から、1968年、自動車道路のモデルコースとして、国内で初めて明治神宮外苑に日曜・祝日にサイクリング用ロードとして開場しました。

新緑がまぶしいイチョウ並木の道を気持ち良く歩いて10分・・・・・


サイクリング 001


途中「東京アースデイ自転車ライト2008」のイベントで集まっている人達を横目で見ながら、サイクリングコースへ

サイクリング 003



八重桜がきれいに咲いて迎えてくれました。

1.サイクリング開始
*乗れるスカウトは申込書を持って、自転車を借り一方通行のコースへ颯爽と走り出しました。
昨年ここで練習していたスカウトもす~いす~いと気持ちよさそうでした

サイクリング 005


2.練習組
初心者教室では日本サイクリング協会の人が指導してくれます。
本当に初めての子は、ペダルを外してまずバランスをとる練習をしています。
ビーバースカウトの2名は少しは乗れるので、スタート、カーブの練習を1時間位して一般コースを走り始めました。

サイクリング 007



使用後の自転車はサイズ別に指定場所に返却します。

サイクリング 011


3.昼食近くの公園で、小鳥のさえずりを聴きながらおにぎりを食べました。

サイクリング 012


4.「新型ASIMO」の実演
予定ではサイクリングor ゲームだったが、近くの「Honda ウエルカムプラザ青山」で13:30~「ASIMO」の実演があるとの事でスカウトには秘密にして移動・・・・・
2005年12月13日に発表された「新型ASIMO」は1986年の研究開発の開始以来「人の役に立ち、社会の中で利用できる自律歩行人間型ロボット」として身近な所でサポートする日は、近いようです。
視覚・床面・超音波の各センサーと「IC通信カード」を組み合わせることで、
手をつないで一緒に歩いたり、ワゴンを押したり、時速6Kmで走ったり出来るのです。
スカウトたちは興味津々・・・・・

サイクリング 016



実演後一緒に記念撮影をしてニコニコ顔です。
今夜の「夢」はASIMOくんと遊んでるかな?

サイクリング 023

PageTop

信号塔プロジェクト 試組

ベンチャースカウトのプロジェクトの「ポータブル信号塔」がいよいよ仮組み立てに入りました。
50キロハイクやスキーといった他のイベントで一時的に停止していましたが、春になって再スタートしました。

(信号塔プロジェクトとは何かは前回の活動を参照)

前回入手した2.5mの木材が6本、1.5~2mの竹6本、床用竹多数、バンセン50本を用意して、模型を参考に組み立て開始です

まずは、リーダーからバンセンの使い方を再確認




基本骨格となる、3本をつなげて立ち上げます




横を竹で結んで、下部構造体は完成




強度を確認するためにスカウト二人で乗って、揺らして確認




次に上部構造となる、逆三角すいをつくり




上部構造体を持ち上げ、固定、さらにロープで重量を分散させる




上部構造体に竹で床を作り




立ち上がって、強度を確認

ここで、トラブルが・・・床を作る竹の強度が足らず、下手なところに立つと落とし穴状態に(>_<)








とりあえず、強度のある竹を片方に集め、今回はそちらのみを使用することに

また、手すりがないとかなり怖い上に、手すりはロープではなく、竹のようにしっかりしてないと、ビーバーにはつらいことも判明




いくつかの課題点が判明した試組みでしたが、それでも集会帰りのカブスカウトたちには魅力的だったようで、はじめはおそるそる、でも最後にはおおはしゃぎで乗っていました





今回判明した点は

・床の竹はただ敷き詰めただけでは、足の置き場によっては加重が集中するため、かなりの強度を必要とするため、強度のある竹を使うか、ベニア板を上に敷くなどして、加重を分散させる必要がある
・上部構造の手すりは竹で作る必要がある
・ビーバーを乗せるなら、はしごが必要
・組み立てには約2時間が必要
・ロープは加重分散以外にゆれを抑えるためにも必要

でした。

次回、ロープ、ベニア、竹の追加手配を行い、再度組み立てを行う予定です



PageTop

東京の一番を探せ 春キャンプ

 4月5日、小竹向原駅集合。東京のいろいろな一番探しに出発です。
 まず、虎ノ門ある愛宕山へ(都内最高峰 標高25.7m.)。
IMGP0653.jpg
 
次はビルで、東京ミッドタウン(高さ248m.)。
IMGP0657.jpg

 そして深い駅、大江戸線六本木駅です(深さ-42.3m.)。とてもきれいな駅でびっくりしました。
IMGP0662.jpg

 大きな銀杏の木(幹の太さ10.4m.)。これは麻布十番の善福寺にありました。
 都内を歩いたり、電車に乗ったりしながら東急大井町線の戸越公園にてカブ弁を食べた後(さくらがとても綺麗でした)、長い戸越銀座商店街(長さ1.6km)で夕食の買出しです。組長がお金を預かりスタート。スーパーでしか買い物をした事のないスカウトも何人かいて、どこで何を買ってよいのかなかなかわかりません。予定していた時間はとっくに過ぎてしまい、リーダーは内心あわてていましたが、これも訓練と子供たちに黙ってついて行きました。
 買い物も終わり、戸越銀座駅から電車を乗り継ぎ、本日の宿泊地等々力の「青年の家」に到着。開村式の後、夕食の餃子作りスタートです。くま、しかスカウトは包丁担当、購入してきた野菜をみんな上手に細かく刻んでいました。うさぎスカウトは炊飯担当で、みんなが持ってきたお米を家には無い大きなボールを使って順番にシャカシャカこぼさないように研いでいました。餃子のあんが出来上がったので、スカウト全員でなんと408個の餃子を包みました。それでもあんが余ったので、足に自身のあるリーダー数人が急いで餃子の皮を買いに走り全部で528個もの餃子が出来上がりました。おかげで、焼餃子、水餃子とも食べ放題となりました。スカウト、リーダー頑張って食べたのですが、余ってしまい翌日のスープに回しました。(おかげさまで完食)
IMGP0669.jpg

 入浴を済ませ、キャンドルファイアーです。組ごとにスタンツを発表しました。なぞなぞ、組体操、替え歌と短い時間に協力し考える事が出来て、リーダーたちはとてもびっくりし感動しました。
 二日目 朝食、清掃後ホールで修得科目にチャレンジしました。ロープワーク、計測、国旗、世界の国々と頭をひねりながらも一生懸命取り組んでいました。
IMGP0724.jpg

IMGP0727.jpg

 閉村式後等々力不動にて昼食です。とても暑い日で皆Tシャツになり、桜の中でお弁当を頂きました。
 あっという間の2日間でしたが、貴重な体験が出来たと思います。

PageTop