ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

ボーイ隊のナイトハイク

ボーイ隊にとっては今回の20キロのハイクはあくまでも来月に行われるチャレンジ50(50キロハイク)の練習です。全員が歩ききって当然という雰囲気のなかで始まりました。

しかし、天候は春一番が変化した強い北風のなかで、20キロという距離にしてはタフなハイクだったようです

途中で、スタートタイミングの連絡ミスでのロスタイムやコマ地図の記述ミスでのミスコースなどいろいろあったようですが、無事全員ゴール

これで弾みをつけて、チャレンジ50でも全員完歩してくれることでしょう


コマ地図











PageTop

ビーバー隊のナイトハイク(浅草⇒早稲田)

春一番の暖かさの中、13:30に教会集合しました。
参加者はスカウト15名、リーダー、保護者14名です
コースは今年はすこし長めの12キロでした

「スタート地点」
スタート地点へは東京メトロで、小竹向原~飯田橋~蔵前~浅草と移動し、浅草駅近くの「浅草墨田公園」をスタート(14:50) 
公園では梅まつりが開催されていましたが、集合時の春一番は一転北風に変わり強風が吹き荒れまるで砂嵐!
コマ地図 帽子など 飛ばされるし、眼は開けてられない状態でした。

「浅草寺~仲見世~雷門」
土曜日の午後、観光客で賑わっている中、観音様に 全員のゴールをお願いし、仲見世通りの人並をぬって雷門へ移動しました

ナイトハイク 008



「西郷 隆盛像」
3グループに分かれてスタートしましたが、合流してしまい、結局全員で記念撮影!トイレ休憩をして 再スタート・・・・


ナイトハイク 011





「大学めぐり」
東京芸術大学~東京大学~中央大学~早稲田大学とめぐります。写真は東京大学の赤門前で・・・ 
 かわいいビーバースカウトも、11~12年後には 大学生なのだ。
どの大学が いいかな・・・ と話しながら足取りも軽く元気良く歩いています。

ナイトハイク 017



「夜景」
途中 文京区役所の 25F 展望ラウンジ から東京の夜景を愉しみました。
日中の強風のお陰で遠方までハッキリ見渡せ、スカウト達も、サンシャイン、新宿ビル街、東京タワーを見つけ大歓声でした。

ナイトハイク 020


 
「都電荒川線」
早稲田からは都電で東池袋へ、チン チン~と鳴るたびに 嬉しそうに顔を見合わせている。可愛いスカウト達でした。

ナイトハイク 024


「教会で」

教会には20:20分に到着、お母さんたちとベンチャーが作ってくれたオニギリとトン汁を食べながら、お母さんたちに報告をしていました。

「去年のナイトハイクより全然疲れなかったし愉しかった。」とのビッグビーバーの言葉もあり、最後までペースがダウンする事なく歩く、その成長振りに
リーダーとして嬉しくなりました。

来年は CSスカウト の20kmコースだ!    



PageTop

「2008年ボーイ・カブ合同スキー訓練」

2008年2月9日~11日の二泊三日で、スキー訓練に、このところ恒例になりつつある「シャトー塩沢」に行ってきました。今年は、競争心を芽生えさせてより短期の上達を図ろうと初めて「タイムアタック」を行いました。ポールの代わりに風船を割り箸に付けた物をゲレンデに刺して、クラス別に行い、夜のレクリエーションの時間に各クラス別表彰を行いました。最も上達度の高いスカウトで、今回初めてスキーを履いたカブスカウトの女子は、3日目には、斜滑降で中級コースを降りられるようになりました。合同訓練全体として、スキーを楽しむ事と能力を高め上級クラスへ進む事は、当初目標でしたが、期待以上の結果が得られた訓練となりました。

2008boyski 043


カブ、17名、ボーイ7名、リーダー9名という構成で、初心者比率も高かったのですが、上級クラスのスカウトが初心者をサポートしてリフトへ同乗する等、全員の協力の元、ストレス無く訓練に集中できたのでは?と思います。
ここ2年連続で参加スカウトが少なく全体費用バランスが難しかったのですが、来シーズンは、是非、参加者を増やしてインストラクターによる訓練のプログラムを組みたいと思います。

PageTop