ボーイスカウト練馬5団の活動

練馬区の東部地域(江古田、小竹向原駅付近)で活動している ボーイスカウト練馬5団のブログです。 各隊の活動などが各隊のリーダーによってかかれます

秋のキャンプに出発だ!

 カブ隊は、10月13・14日、初めてのお泊り、秋のキャンプに旅立ちました。 


 今回の秋キャンプは、カブスカウトの基本であるロープワークと組内の結びつきを強めるということを目的に開催しました。


 午前9時、いつものように小竹向原駅集合。目的地は埼玉県青少年野外活動センターです。11時過ぎに芦ヶ久保駅到着。ここから6キロ、スカウトたちにとっては、本格的なハイキングです。芦ヶ久保駅周辺は最初から登りが急で、果樹公園村入口に着いたときは、ヘトヘトになっていましたが、その先の農村公園で、長い滑り台を見た瞬間、急に元気回復し、皆長い滑り台を楽しんでいました。探検ムード満載のコースを抜け、木の子茶屋の駐車場で昼食。
RIMG0299.jpg

 
 昼食後、再び山道を登り、2時半にセンター到着しばしの休憩後、開村式。くまスカウトは初めての国旗儀礼に緊張気味です。。
RIMG0303.jpg



 開村式の後、恒例各組対抗夕食のカレーのお肉をかけたロープワーク&セレモニー練習です。うさぎスカウトに基本である「本結び」と「八の字結び」をマスターさせ、組集会での集合を覚え、できた組からカレーの肉(牛、豚、鳥、引き肉)を選択します。それだけに、各組とも真剣で、おかげで、各組の結びつきが強くなり、ロープワーク等も完璧にできるようになりました。
 

 続いて野外炊飯、カレー作りの始まりです。うさぎスカウトは、初めて包丁を使っての調理に、わくわくどきどきしながら、各リーダーの指示に従い、野菜を刻んでいました。特にたまねぎは目にしみるというのを、テレビで見るだけでなく、初めて体験したようで、あっちこっちで大粒の涙を流しておりました。
RIMG0304.jpg

 
 6時半にカレーライスが完成し、ランタンと懐中電灯だけという少し暗い中、みんなで楽しく食事を取りました。


 本当は、この後ロッジに戻りミニゲームをしようと思っていたのですが、片付けに時間がかかってしまい、何もできず入浴、就寝。スカウト達、さすがに疲れていたらしく、すぐに爆睡でした。


 翌日朝6時、一緒に参加したい蜂に邪魔されながら、朝礼、閉村式をし、部屋を掃除して朝食。みんな朝から、もりもり食べています。8時半にセンター出発、帰路につきました。帰りは、県民の森を経由するコースとしました。このコースは景色がよく、スカウト達は一生懸命「ヤッホー」と叫んでいましたが、返事は返ってきませんでした。予定より少し遅れて11時30分芦ヶ久保到着、1時半に小竹向原駅で解散となりました。


次回の活動は、10月28日地区行事です。

PageTop